やりがいって何ですか?看護師のやりがいについて考えてみました。

MENU

看護師のやりがいで真っ先に浮かぶことがあります。

 

よく耳にする『やりがい』という言葉。
『やりがい』って何だと思いますか?

 

今年に入ってアメリカの『フォーブス』という経済雑誌が
こんなことを発表しました。

 

【シカゴ大学が行った調査『幸せな10の仕事』

 

どんな仕事が幸せなのか見てみましょうか?

聖職者
消防士
理学療法士
著作者
特別支援教室教師
教師
芸術家
心理学者

金融サービス代理販売
オペレーティングエンジニア(ショベルカーなどの大型機器操作)

 

この10の仕事が幸せだと感じられる理由・・・
あなたはどう考えますか?

 

キーワードは “人の為に” “社会の為に”
どんな仕事も誰かの為に、どんな仕事も誰かの役に立っていますよね?

 

では、ここで看護師のやりがいについて考えてみたいと思います。

 

看護師の仕事の場合は【患者さんの役に立つ為に】が真っ先に
思い浮かぶと思います。

 

更には患者さんの家族の為に…最終的には自分の為に…
これらに繋がってくるのだと思います。

 

誰かが自分に何かをしてくれるのももちろん嬉しいことですが、
誰かに何かをしてあげて「ありがとう」って言われると
もっと嬉しく思いませんか?
 
『自分が役に立った』そう感じることのできる仕事が
幸せな仕事であり、人はやりがいを感じるのではないかと
私は思います。

 

『やりがい』って何だろう?ってつい考えがちですが、
日常にある出来事の中に実はたくさん転がっているものだと思います。

 

ほんの些細な関わりでも患者さんは「ありがとう」って言ってくれます。

 

「だた髪をとかしただけなのに?」 
「ただ布団をかけてあげただけなのに?」
「ただ傍で話を聞いていただけなのに?」

 

看護師自身はあまり気が付いていないかもしれませんが、
些細なことほど患者さんはよく見ていますし、
感じているのだと思います。

 

そんなところから生まれてくる『ありがとう』

 

この『ありがとう』が聞けると嬉しいから …
『ありがとう』の言葉で気持ちに張りが出来るから…

 

看護師として働いていて、たとえ辛いことがあっても、
辞めずに続けていられるのだと思います。

 

『ありがとう』と『やりがい』は繋がっている
のだと思います。

 

具体的に看護師のやりがいを考えてみました。

 

看護師のやりがいについて「DODAナース」という
護師専門の転職支援サービスが実施したアンケート結果が
あるそうです。

 

それによると、看護師にとっての「やりがい」とは?
【待遇面より自己の価値発揮を重視】というところで、

 

「担当している人や、その家族に感謝されたとき」(61.7%)

 

「自分なりの持ち味を活かした働きができたとき」(49.7%)

 

「自分自身の成長を実感できたとき」(44.3%)

 

という結果が出たそうです。

 

給料やボーナス等の待遇面もモチベーションアップ
つながることが多いようですが、実際には、自分の仕事ぶりや
成長といった要素が、看護師のモチベーションに
大きく影響を与えているということが分かったそうです。

 

そして、この『やりがい』には看護師歴により
差があるという結果も出たようですね。

 

 

若い世代は【自分の価値や成長】をやりがいにしているのに対し、

 

 
ベテラン軍は【チームでの成果を重視】した結果となったそうです。

 

 

 

 

 

看護師として働き始め、数年までは覚えることや勉強することが本当に多いですね。

 

 

 

そして、その覚えたことや勉強したことが現場で活きてくると

 

仕事が物凄く楽しくなってくる世代です。

 

 

 

 

ということは、自分の価値を高めつつ、成長を感じられる時期であるともいえるので、

 

このアンケート結果は納得がいきますね。

 

 

 

 

 

そして、看護師歴が上がってくると、いわゆる管理職につく人も増えてきます。

 

管理職近くの年代になってくると、チームとして全体を見る目が出来てきます。

 

 

 

 

 

その中でチームとして動いた時、患者さんに大きな結果が出たとすると

 

大きな喜びに繋がりますね。

 

 

 

 

看護計画を立案し、適宜修正し、チームで看護を展開していきますが、

 

 

統一した看護が実践されていくことで患者さんの状態が良好になってくると

 

何とも言えない達成感を味わうことが出来ますよね。

 

 

 

 

 

看護師が仕事のやりがいを感じる場面は勤務形態、人間関係などでも

 

大きな違いが出てきます。

 

 

 

 

 

しかし、基本には【感謝されること】をモチベーションの源泉として、

 

自分の等身大のやりがいを見つけることで看護師の仕事を楽しみながら

 

続けていけるのではないのかな〜と個人的に思っています。

 

 

 

 

ここでもキーワードは “人の為に”  ”社会の為に” といえそうですね。

 

 

 

 
あなたは看護師の仕事にやりがいを感じて働けていますか?
 
 

やりがいって何ですか?看護師のやりがいについて考えてみました。記事一覧

 

看護学生時代には“過酷な”実習があります。実習自体も過酷なのですが、とにかく時間が足りませんでした。私の場合は、准看護師の免許を所得後、働きながら3年間、夜間学校に通うという進学コースを選んだので、特に大変だった記憶があります。3年生になると実習の毎日になるのですが、朝は5時に起き、電車に揺られて学校につき、夕方まで病院で実習でした。終わってアパートについても一息つく間もなく、深夜1時までアルバイ...

 
 

私がまだ新人看護師の頃の話です。その頃は内科外来で働いていました。内科全般だったので、循環器、呼吸器、代謝内科から血液内科まで様々でした。その中で血液内科担当の日が結構続いて、その時に出会った患者さんがいました。悪性リンパ腫で何度もケモセラピーを行い、緩解しては再発するということを繰り返していた70代後半のおじぃちゃんでした。今思えば何かのご縁があったのでしょう。ある日、その患者さんが病院に薬を忘...

 
 

看護師として働き始めて約5年程経った頃の話です。その時の私はリハビリ病棟に勤務していましたが、とにかく体力勝負でした。脳梗塞や脳出血で麻痺を生じた患者さんのADL拡大に向けての援助、整形で大腿骨頸部骨折やOAでTKAをした患者さんのリハビリ援助やADL拡大への援助、循環器で心機能に合わせたリハビリの援助…とにかくADLが不十分な患者さんの援助がメインとなってくるので、体を張って看護にあたることにな...

 
 

今まで20年近く看護師の仕事をしてきましたが、様々なやりがいを感じて働いてきました。しかし、私の中で最近ある変化がありました。その変化というものは・・・以前は“急変の場面”では、不謹慎かもしれませんが、何というかワクワクしたものです。あの独特の緊張感が堪らなく好きで、物凄くやりがいを感じたものです。患者さんが助かった時って『良かった〜っ!』とその場にいた医師とスタッフたちとで何とも言えない達成感を...