看護師は優しい?どれともこわい?看護師になって分かったことが。

MENU

看護師は優しいかこわいか?看護師を続けてきて感じていること。

 

看護師は優しいと感じでいますか?

 

それともこわいと感じていますか?

 

私は看護師歴15年以上という、歴だけで言えば
ベテランの域にいますが、今まで様々な職場で働いてきました。

 

個人病院からクリニック、中規模から大規模な病院まで・・
そして、たくさんの色々な看護師と関わってきました。

 

その中で忘れもしないこんな出来事がありました。

 

進学して准看として働きながら、
看護学校に通っていた時のことです。

 

23時過ぎに看護学校から帰ってきて、ふと一息ついた時、
咳が出始めて、止まらなくなりました。

 

そのうちに熱も出だして、あっという間に38℃を越えました。

 

これはまずいな・・・と思いながら、次の日も早いし
とにかく寝ようと思って布団に入っていましたが
咳がひどくて寝られません。

 

その時私は病院の寮に入っていたので、すぐ隣は病院でした。
「そうだ、救外にかかってみてもらおう」と思って、
100メートル先の救外までふらふらしながら歩いていきました。

 

そして、受診したところ『肺炎』でした。
そのまま即入です・・・

 

結局は2週間くらい入院して治療を受けたのですが、
退院後に救外を受診した時にいた看護師と会いました。

 

その時に言われたことが今でも忘れられません。

 

『○○さん、何やってるの?自己管理も出来ないで、
肺炎だなんて・・あなたって最低だね。馬鹿じゃないの?
ずうずうしく救外にまで来て。よく来られたもんだわね。
そんなんじゃ看護師になれないわ。学校も辞めたら?』

 

えっ?って感じでしたね。

 

看護師だって人間ですし、風邪もひくし病気にもなりますよね。
それなのに、その人は私を全否定しました
看護師になれないと言い切りました。

 

あの時は学生でもあったので、その言葉は本当に衝撃でした。

 

看護師って優しいんじゃなかったの!?
あんな冷酷な看護師がいるんだ・・・・
こわいを通り越して「悪魔」だな。

 

あの時に私は心に決めました。
「絶対に誰にでも優しい看護師になる!」
って。

 

きつい言葉はずっと心に残るものですね(^-^;
未だにあの看護師の声も口調も覚えています(笑)

 

あの出来事があるまで、『看護師は優しい』人しかいない
っていうイメージだったのですが、現実は違うということを
体験してしまいました。

 

そして、自分が看護師になり、看護師は優しいか?こわいか?
そう聞かれたら、こう答えます。

 

「優しい看護師も多いけど、中にはものすごくこわい看護師もいる」

 

こわいといっても、単に口調がキツイという人もいれば、
冷血な人がいるのも事実です。

 

それにしても、そんなこわい人がどうして看護師になろうと思ったのか?
私の中の七不思議です(笑)

 

こわい看護師の割合が多いと、人間不信ではなく、
看護師不信になってしまうでしょう(^-^;

 

そんな職場にいたら、看護師の魅力も半減しますし、看護師の仕事自体も
嫌になってしまう可能性が高くなると思います。

 

看護師を辞めたくなる時って、周りの環境が影響してくるので、
こわい看護師ばかりで自分らしさを出せなくなってしまうようなら
その場から逃げだすのも、ある意味ひとつの解決方法と
言えるのかもしれませんね。

 

こわい看護師のせいで看護師を辞めてしまうのは
絶対に勿体ない事です。

 

なんて、こんなことを言う私も今までに看護師不信になりかけたことも
ありますけどね(笑)

 

 

⇒看護師不信になる前に職場環境を変えてみる?転職ならこのサービスを活用!