看護師が仕事を辞めたくなる理由は何があるのか?調べてみました。

MENU

看護師は【働く環境】で全てが決まるかも!?ってつくづく感じます。

 

看護師の仕事は好きですか?

 

やりがいを感じて働けていますか?

 

いつも笑顔でいられていますか?

 

 

看護師って大変な仕事ですよね。
体力的にも、精神的にも。

 

患者さんに殴られようが、罵声を浴びせられようが・・・

 

医者に理不尽な態度をとられようが、
目の敵にされようが、罪を擦り付けられようが・・・

 

看護師仲間にいじめられようが、仕事を押し付けられまくられようが、
納得のいかないことばかりがあろうが・・・・

 

とにかく耐えて耐えて耐えて、笑顔を絶やさないようにする。

 

腰が痛かろうが、頭が痛かろうが、熱があろうが、
薬を飲みのみ働かなきゃならない。

 

体力的にも、精神的にも、どんなに辛くても
苦しくても、逃げることはしない。

 

だって、自分だけじゃないですからね、辛いのは、大変なのは。

 

辛くて、大変で、苦しいのは自分だけじゃない、
そうやって言い聞かせながら働いている人も多いと思います。

 

余談ですが・・・

 

私は働きながら看護学生をしていた若い頃、
風邪を我慢して肺炎になってしまいました。

 

その経緯をお話しすると、

 

咳が止まらなくなり、働いていた病院の救急外来にかかったのですが、
その時に鬼のような看護師に出会いました。

 

「なに風邪ひいてるの?」
「自己管理が出来ていないからでしょう」
「看護師になる失格はないね」

 

などなど、そんなニュアンスの言葉を受けました。

 

当時学生だった自分はテンパってしまって、
「看護師は病気になっても救外にかかっちゃいけないんだ」
って感じながらも何とも言えないものすごく苦い思いをしたのを
20年たった今でも鮮明に覚えています。

 

そして、そのまま我慢しまくった結果、肺炎になっちゃいました。
(若くても我慢すると悪化するものですね(^-^;)

 

そんな経験をしてからというもの、しばらくの間は、
看護師は自己管理が全て。看護師は病院にかかっちゃいけない。
看護師は病気になってはいけない。なんて、アホな洗脳を
されていましたが、看護師だって人間です。

 

病気の1つや2つなるじゃないですか?
どんなに自己管理をしっかりしていても病気になる時だってあります。

 

早期発見、早期治療がどれだけ大事かわかっているのですから、
病院にかかったっていいんですよね。

 

「鬼看護師」と出会ってしまったが為に、そんな当たり前の事に
罪悪感を覚えてしまっていたんですよね・・・

 

あの鬼看護師に出会ったおかげで、
誰にでも、どんな状況にある人でも優しく出来る看護師になるって
心がけることが出来るようになりました。

 

看護師って【白衣の天使】なんて表現されたりしますが、
現場は厳しいものです。

 

もちろん、常に笑顔を忘れないように、優しさを心がけて働いています。

 

が!

 

環境によってはそれがきつくなることってあります。
環境によっては、看護師としてやっていくのが厳しくなることがあります。
環境によって、自分が崩壊しそうになることすらあります。

 

それくらい、環境って看護師をやっていく上で大事な部分であり、
妥協しちゃいけない部分だと思うんですよね。

 

何だかたくさん愚痴ってしまいましたが、まとめてみると・・・

 

看護師をしていく上で、働く環境に妥協してしまうと、

 

【本来しなくてもいい嫌な思いをしてしまうこともある】

 

ということですよね。

 

看護師として楽しく元気に働きたいと思うならば、
身を置く環境はとても大事だなってつくづく思います。

 

ちなみに、経験上で言うと、人間関係、給与、教育体制、休日など、
全ての環境が整っている職場なんてないと思います。

 

だからこそ、自分の譲れない部分を明確にして
その部分で魅力のある職場を探すべきなのかなって思います。

 

長く働くことが美学、みたいなものがありますが、
看護師を長く続けていきたいのであれば、そんな考えはナンセンスですね。

 

手に職がある、という武器があるのですから、
自分に適した環境に身を置くために、転職をしてみることは
決して不利な事ではないと思うし、

 

転職することで「看護師って楽しい!」と感じて働けるのであれば
何ら問題はないんじゃないのかなって思いますね。

 

【自分らしく働ける環境】

 

これって、本当に大事だなってつくづく思います。

 

 

⇒看護師転職サイトは怪しい!?概要を知れば本当のことがわかるでしょう。