看護師不足には悪影響が潜む?いつの間にか看護師を辞めたくなる。

MENU

看護師不足を体験中!?看護師すらも辞めたくなってきます。

 

最近の私は体調不良な日々を送っていますが、
薬を飲んで何とか仕事ができています。

 

普通の家庭だと、具合いが悪くても休みがくれば
子供は旦那さんに任せて、自分はゆっくり休めますよね、きっと。

 

シングルマザーだと、休みは子供との貴重な時間であり、
子供も一緒に遊ぼう!とばかりに、私が具合悪いのは
お構いなしで、そうそう休ませてくれるわけではありません。

 

なので、風邪を引いたりしてもゆっくりと休んだり
出来ないため、長引くことが結構多い気がします。

 

まぁ、年齢的に長引いてしまう、というのも
なきにしもあらずですが(笑)

 

私は子供を保育園に預けているので、
平日であれば、自分が具合が悪い場合は仕事を休んで
ゆっくり休めたりするところなのですが・・・

 

今の病棟はかなりの看護師不足の為、
「具合が悪いので休ませて下さい」
なんて口が避けても言えません( ̄▽ ̄;)

 

だから、薬を飲んでごまかしごまかし仕事をしなくては
いけないということになります。

 

そんなんだから、長引くんですよね(-_-;)

 

こんなことを考えると・・・

 

看護師不足は、単純に忙しさが増すだけではなくて、
自分の体を労ることも許されない環境である、
とも言えるかもしれません。

 

看護師不足になっている環境って、やっぱりダメですね。

 

業務の尋常じゃない忙しさ、様々なストレス、休めない。

 

それによる影響として、イライラ、ヒヤリハットや
医療事故のリスクの増加、家庭内への悪影響、健康被害、
まだまだ様々なリスクがあり、最終的には看護師を
辞めたくなる可能性が高くなりますよね。

 

というか、既に辞めたくなっていますが(笑)

 

何と言っても、気持ちが折れることが多々あります

 

世の中には、潜在看護師というものがたくさんいるようですが、
働く環境がこんな風に過酷なら、誰一人として
看護師として職場に復帰したい、なんて思わないでしょうね。

 

環境悪は看護師にとって最悪です・・・

 

⇒看護師が仕事を辞めたくなる理由って、結構たくさんありませんか?