夜勤の2交代と3交代。経験からメリットとデメリットを振りかえる。

MENU

夜勤の2交代と3交代。経験からメリットとデメリットを振りかえる。

施設看護師になって夜勤から逃れられたわけですが、
夜勤をしなくなった今だから考えられる夜勤の事。

 

思ったままを書いてみようと思います。

 

看護師の勤務形態といえば幾つかありますが、
私が経験してきたのは、夜勤の2交代、3交代、常日勤です。

 

どの勤務形態にもメリットとデメリットがあると思います。

 

ここでは、夜勤の2交代と3交代について、
メリットとデメリットを交えながら
私の経験話をお届していこうと思います。

 

では・・・

 

【夜勤2交代ってどうなの?】

 

夜勤2交代ではそこそこで時間帯が微妙に変わりますが、
大まかにいうと16:30〜次の日の9:30って感じでしょうか?

 

『合計17時間の拘束』になります。

 

ざっと考えただけでも17時間の拘束って長いです。

 

時間的な長さだけじゃなくて、勤務している病棟の
特徴や忙しさによって、その『拘束感+緊張感』が
ついて回ります。

 

これは『超・デメリット』だと思いますね。

 

更には9:30に終わることなんて100%なくて、
記録・記録・記録・・・で何だかんだ時計は
11時を回ることが日常です。

 

忙しさが尋常ではなかった病棟では、
14時を過ぎたこともありました(/_;)

 

でも、お暇な病棟であれば何のトラブルもなく、
まったりと過ごせたりもします。

 

そして、夜勤で2交代の場合の魅力というと・・・

 

明けの次の日は休みということ。

 

明けの次の日は必ず休みなので、都合よく考えると・・・
「明け・休み」になり、2連休のような気分を味わうことが出来ます。

 

そんなことから、『連休が取りやすい』というのもメリットですね。

 

よって、夜勤2交代の結論として箇条書きでまとめてみると・・・

 

 

【忙しい病棟で考えた時の夜勤2交代】
*拘束時間が長く、緊張感を保ち続けるのはかなりストレス。
*疲れ果てた状態となることが多く、医療ミスを起こしやすい状況かも。
*休憩がとれない場合はノンストップで17時間以上も
働き続けなければならない。⇒死にそうになるor半分死んだ状態(笑)

 

【忙しくない病棟で考えた時の夜勤2交代】
*休憩時間がしっかり取れるから疲れが少ない。
*時間がゆっくり流れていくからストレスが少ない。

 

夜勤2交代の一番のメリットというか魅力は・・・

 

休みがしっかりとれる!

 

これに尽きますね。

 

さて、次に・・・

 

【夜勤3交代ってどうなの?】

 

夜勤3交代となると勤務時間がまた違いますよね。

 

一般的な夜勤3交代であれば・・・
日勤:8:30〜17:00
準夜勤:16:30〜1:00
深夜勤:0:30〜9:00

 

こんな感じでしょうか?

 

夜勤3交代で何が一番大変か?

 

それは・・・

 

『日勤の後に深夜勤が続く』

 

これに尽きるでしょうね。

 

日勤で17時まで働き、家に帰って家事や炊事を済ませて、
1~2時間仮眠をとって、深夜の0時には家を出る・・・。

 

あ〜ぁ、書いているだけで気分が暗くなってきますね(笑)

 

あの、仮眠の時に起きる瞬間が本当に辛くて、
起きたくなくて・・・
今思い出しただけでも身震いしますね(>_<)

 

深夜勤はそんな感じで勤務に入るまでが非常に憂鬱でした。

 

でも、勤務時間内のほとんどは、患者さんは寝ている時間ですし、
朝方から朝食後の戦争を乗り越えれば勤務終了になるので、
業務内容で考えると結構おいしいかもしれません。

 

ただ、当番病院の日だとそうもいかなくなりますけどね(笑)

 

次に準夜勤・・・。

 

準夜勤は結構いい時間帯なのですが、
準夜帯はとにかく忙しいです。

 

患者さんがみんな眠るまでは戦争ですね・・・(^-^;

 

準夜勤に限ったことではありませんが、
救急当番にあたっていたりすると、即入が来るわけで、
即入対応もしなくちゃならない状況になるといっぱいいっぱいで、
思い出しただけでも吐きそうになります(笑)

 

私は循環器勤務が長かったのですが、
『即入=AMI』、高度AVBで『TPM挿入』とか
カテ室がついて回ることが多かったですね・・・。

 

AMIであれば単純にPCIで済めばいいのですが、
時にはIAPBなんてものが挿入されちゃったりして・・・
そうなると地獄でしたね。

 

あ〜ぁ、今思い出しても懐かしい・・・。

 

準勤務は勤務時間帯はとてもいいと思うのですが、
中身が・・・ですね、私的には(^-^;

 

さて、肝心な夜勤3交代でのメリットですが・・・

 

深夜勤と準夜勤、2交代の17時間に比べると
各8時間と短時間勤務です。

 

休憩時間を除くと7時間勤務。

 

拘束時間がそれほど長くなくて、
ストレスは軽度な方だと思います。

 

あとは・・・ん〜、あまり強く勧められる
メリットはないかも!?

 

でも、私は2交代よりも3交代の方が
向いていると思ったし、好きでしたね。

 

デメリットは・・・

 

休んだ気がしない!

 

これ以上のものはありません。

 

特に、準夜勤の後に1個休みしかついていないと、
全く休んだ気がしません。

 

だって、準夜勤で1時過ぎに家に着いて、
何だかんだして寝るのが4時頃で、
起きたら夕方・・・そしてまた寝たら日勤・・・

 

ねっ、文字を辿っただけでも休んだ気がしないでしょう(笑)
連休も取りづらい気がします・・・。

 

でも、私は2交代よりも3交代が好きでした(爆)

 

夜勤の2交代と3交代って詰まる所・・・
どっちもどっちだと思うんですよね。

 

要は、自分のライフスタイルに合った方を
選べばいいのかなって思います。

 

例えば・・・

 

プライベートを充実させたいなら、連休が取りやすい2交代。
コマ切れでも時間を有効に使える自信があるなら3交代。

 

って感じでしょうか?^^

 

ただ、最近は看護師不足も絡んでいるのか
『2交代』の病院が多いですね。

 

3交代だった病院が2交代に切り替えている現実も
チラホラ・・・ですしね。

 

身体的にも精神的にもストレスが出来るだけ少なく、
自分らしく働ける夜勤は2交代?3交代のどちらなのか?

 

じっくり考えて働く場所を決めることをおススメします♪

 

⇒転職の情報収集は看護師転職サイトを上手く活用すると良いです。

 

 

 

 

夜勤の2交代と3交代。経験からメリットとデメリットを振りかえる。関連ページ

夜勤には様々な種類がある
夜勤を組みたくないNs
夜勤を組みたくない看護師:そのA
夜勤がキツイ?フリーの役割