夜勤が辛い・キツイのは仕事内容だけじゃない!?実は組む相手次第?

MENU

夜勤はキツイ!ツライ!夜勤の実態から考えてみました。

 

看護師といえば夜勤がつきものですよね。

 

夜勤はどうしてキツイのか?ツライのか?
まずは夜勤の実態について調べたことをまとめてみました。

【一般病棟の1か月あたりの平均勤務回数】

 

3交代制:日勤が8.5回 夜勤が8.5回(準夜4.2回、深夜4.2回)

 

(ICUでは患者さん2人に看護師1人以上で対応するため、夜勤回数10.0回程度)

 

 

2交代制:日勤11.4回 夜勤4.5回

【夜勤の仮眠状況】

 

2交代制では拘束時間が16時間以上となる為、
2時間程度の仮眠時間があります。

 

ところが、実施の平均仮眠時間は2時間未満ということが多いそうです。

 

余談になりますが、私も以前2交代制の職場にいた時、
急変患者さんが出たりすると休憩なしで16時間以上働きっぱなし…
ということが月に1〜2回はありました。

 

 

また、仮眠室が設置されている施設ばかりではなく、
「仮眠場所がない」という職場が58.0%程度で存在しているようです。

【健康状態】

 

交代勤務をしている人は日勤のみの勤務者に比べて健康状態の実感を
調査した結果では、「不調である」と感じている割合が高い傾向に
あるようです。

 

また、一般女性労働者と比べてみても、
勤務形態(交代勤務・日勤のみ)に関係なく看護職では「不調である」と
感じている割合が高いようです。

 

(以下のグラフは看護協会資料から引用)

 

 

 

自覚症状としては、

頭痛・肩こり・手足の関節痛・腰痛・疲れ目・高血圧・不整脈・月経不順・便通異常・憂鬱感・倦怠感・睡眠障害・慢性的睡眠不足・胃の調子が悪い・食欲不振

 

これら15個の項目を挙げ、自覚症状があるものを複数回答可で
アンケートをとったところ、日勤のみの勤務者(平均年齢44.9歳)では
当てはまる項目が3.1個に対し、交代勤務者(平均年齢37.0歳)は3.9個。

 

平均年齢が低いにも関わらず多くなっているそうです。

 

特に3交代制勤務者は『慢性的な睡眠不足』が30.1%、

 

2交代制では20.1%となっており、十分な休息を取りにくいことが
考えられるそうです。

 

夜勤中の居眠り】

 

私は現在3交代制で勤務していますが、深夜の2〜4時、
朝食介助時の7時過〜8時に強烈な眠気が襲ってくるんですが、
これを裏付けるかのような実験結果を発見しました。

 

 

以下の図(看護協会資料より引用)は、
実際に夜勤者1名の夜勤中とその後の昼間睡眠の脳波を調べて
睡眠経過図として示したものです。

 

 

 

この睡眠の経過図から、夜間の勤務中に被験者が合計3回眠り、
2回は深い眠りであった、ということを示しているそうです。

 

まさに私もこの位の時間帯に強い睡魔に襲われるので、
なるほどな〜と思いました。

 

【夜勤とインシデント発生の関係】

 

これは、連続夜勤によるインシデント発生のリスクを
グラフ(看護協会資料から引用)で表したものになりますが、

 

1 晩目の夜勤を基準とした場合、2 晩目の連続夜勤、3 晩目の連続夜勤、
4 晩目の連続夜勤の場合に何%増しのリスクがあるかが示されています。

 

 

2連続夜勤の場合、
2 晩目の夜勤は1 晩目の夜勤と比較して6%増のリスク

3連続夜勤の場合、
3 晩目の夜勤は1 晩目の夜勤と比較して17%増のリスク

4連続夜勤の場合、
4 晩目の夜勤は1 晩目の夜勤と比較し36%増のリスク 

 

 

これらの結果から、連続夜勤の日数が増えるとともにインシデントが発生する
リスクが高くなる、というのは明らかなようですね。

 

 

 

 

ここまで、夜勤の実態をまとめてみましたが、
ざっと見ただけでもキツイことが分かるのではないでしょうか?

 

【Nsの本音】夜勤がキツイのはそれだけじゃない!?

 

勤務状況にもよりますが、常に疲れが残っている気がしませんか?

 

特に夜勤をしていると、疲れが取れないままに
また夜勤とか日勤に出掛けるわけでして、
2連休とかがない限り十分な休息がとれないのが実情です。

 

看護師の離職原因のひとつでもある夜勤ですが、
本音の部分をお話しすると…

 

身体的にきつかったり辛かったりするだけではないのが夜勤だと
感じています。

 

きっと、ほとんどの人が感じていたり、感じたことがあると思いますが、
看護師の夜勤って…

 

一緒に組むNsによって疲れやキツサに違いが出ませんか?

 

看護師の仕事全般にも当てはまると思いますが、
どんなに忙しくたって、きつくたって
一緒に働いているNsがよければ楽しいし、やりがいが持てる
と思います。

 

これは経験上のことなので間違いありません。

 

夜勤でてんてこ舞いな状況になっても、組んでいるNsとの気が合っていれば
コミュニケ-ションが上手く図れるので、事がスムーズに運びます。

 

夜勤に限らず言えることですが、大事なのは人間関係だよな、
ってつくづく思います。

 

もしも『夜勤がきつい』『泣きそうなほどツライ』
そのように感じているなら、その原因はなんなのか?

 

一度じっくり考えてみるともいいかもしれません。

 

原因が分かればきっと、何らかの解決策が浮かんでくると思います。

 

単純に「夜勤自体が大変!」というだけなら心配ないと思いますが、
違う理由で「キツイ」「ツライ」が度を超してしまった場合になると、
”看護師”のすべてが嫌になってしまう可能性が出てきます。

 

そうなる前に自分の居場所を冷静に見つめ直してみませんか?

 

 

⇒看護師転職サイトは大差がない!?実体験から感じたこと。

 

 

他にはこんな記事もよく読まれています。

 

ネット上の口コミを信じ切ってはいませんか?

 

7つの転職サイトを実体験から評価してみました。

 

医療事故を起こす理由や背景について考えてみました。

夜勤が辛い・キツイのは仕事内容だけじゃない!?実は組む相手次第?記事一覧

 

看護師歴15年以上の私は今までに『2交代制』『3交代制』『日当直』を経験してきました。私が経験してきた勤務体系は…2交代制16:30〜次の日の9:15まで。3交代制その@日勤しその日の23:30に家を出て、0:30勤務開始。3交代制そのA半日勤務後、その日の23:30に家を出て、0:30勤務開始。日当直(個人病院で経験):朝8:30から勤務開始、次の日の9:00まで。こんな感じで幾つかの夜勤を経験...

 
 

私の経験上、夜勤は通常であれば看護師3人、または看護助手や介護士が入っている病棟であれば、看護師2人に看護助手(または介護士)の計3人で50〜60人を看ます。夜勤のメンバーが気の合う人であれば、どんなに大変な状況であっても私の場合は気分が乗った状態で働けるのですが…組まれたメンバーが合わないと本当に苦痛です。私は基本的に苦手な人というのはいないのですが、今までの夜勤を振り返ってみると1人だけ「この...

 
 

私は嫌いな人とか苦手な人って作らない方なのですが、今までに働いてきて『夜勤を組みたくない看護師』が2人いました。1人は“自分のことしか考えていない看護師”でしたが、もう一人は“相手を見下す看護師”でした。かといって、自分より出来る看護師にはヘコヘコと愛想がいいのです。たまたま私はその看護師と同じ看護学校で、同級生だったので私に対しては愛想よく振舞ってくれていました。ところが、ある日…。見てしまった...

 
 

夜勤がキツイと感じる理由って様々ですよね。業務がキツイということはもちろんあるのでしょうが、やっぱり【夜勤を組む相手】でこのキツさが決まってくる気がします。看護師の夜勤って、今までの私の経験上からすると、大体は3人体制で2人はそれぞれのチームの受け持ち。そして、もう1人はフリー業務、というのが一般的だと思います。チームの受け持ち看護師は、それぞれのチームの患者さんに対して責任をもって動いていくわけ...

 
 

施設看護師になって夜勤から逃れられたわけですが、夜勤をしなくなった今だから考えられる夜勤の事。思ったままを書いてみようと思います。看護師の勤務形態といえば幾つかありますが、私が経験してきたのは、夜勤の2交代、3交代、常日勤です。どの勤務形態にもメリットとデメリットがあると思います。ここでは、夜勤の2交代と3交代について、メリットとデメリットを交えながら私の経験話をお届していこうと思います。では・・...