夜勤専従=高給!あなたに合った働き方かよく考えてみて下さい。

MENU

夜勤専従Nsを希望している方へ。概要を簡単にまとめました。

 

日勤のみの勤務を希望する看護師が増えてきている中、
夜勤専従看護師の需要は高まっています。

 

看護師として働くことになった場合に避けて通れないのが
「夜勤(準夜勤・深夜勤)」ですが、一般的な夜勤と夜勤手当について
おさらいしてみました。

 

夜勤時間は、各病院によって多少時間帯は異なりますが、

 

・準夜勤・・・「16:30〜00:00」

 

・深夜勤・・・「00:00〜8:30」

 

大体、上記のように分かれています。

 

深夜勤は国の指針として「月8回」までとされていますが、
これ超える場合もあるかもしれません。

 

夜勤については夜勤手当が加算され、
夜勤手当の金額は各病院によって異なりますが、

 

・準夜勤・・・「平均3,500円」

 

・深夜勤・・・「平均4,600円」

 

一般的には上記のようになっています。

 

ちなみに、夜勤時間帯とは…

 

「午後10時から翌朝5時までの時間帯を含む連続した16時間」
と定義されています。

 

そして【夜勤専従】とは、この時間帯である夜勤のみで働くことを指します。

 

夜勤専従看護師の場合は、常勤ではなく非常勤として求人が出ていますね。
非常勤ということで、パートやアルバイトの形での雇用になります。

 

この場合ですと、時給や日給で計算され、
夜勤1回8時間勤務としての相場は…20,000円〜35,000円くらいです。

 

私が以前に見てきた中では1回40000円という病院もありました。

夜勤専従であるなら幅広い知識と臨機応変さが必要。

ただでさえ、看護師は不足している上に、
夜勤を希望する看護師も減ってきているので、
夜勤が出来る看護師を確保するのに、各医療機関は苦労しているようです。

 

求人情報を見ると、有料老人ホームなど
資金に余裕のある施設での夜勤専従看護師への報酬は
かなり高額の提示がされていることがありますね。

 

夜勤専従の魅力といえば、この『高額な報酬』に尽きますが、
高給だからといって飛びつくと痛い目にあうかもしれません。

 

夜勤を経験したことのある看護師ならわかると思いますが、
急性期や一般病床であると、数日空けて夜勤に入ると
患者層がガラッと変わっていることが結構あります。

 

そうすると、情報収集に時間を要しますし、
ある程度幅広いを知識を持っていないと臨機応変に動けません。
最悪の場合は初めて受け持つ疾患だってあり得るのです。

 

正職で勤務しててもそんな状況の夜勤があるのに、
夜勤専従となるともっと大変な目に合うことが予想されます。

 

なので、夜勤専従看護師となるNsには…

 

入れ替わりの多い患者の病状把握がすぐに出来る

 

情報収集能力の高さに長けている

 

緊急時の落ち着いた対応もできる

 

というような経験の豊富さや幅広いスキルが求められることになると
思います。

 

ただ、夜勤専従でも介護施設などを選ぶと、
医療行為もそれほど多くはないですし、入居者の入れ替わりも少ないので、
まだ入りやすいと言えるかもしれませんね。

夜勤専従の良い所悪い所を踏まえて情報収集を!

どこの病院でも夜勤が出来るNsは欲しがると思うので、
ニーズ自体は高く、夜勤専従看護師の経験を持っている人は
転職に有利とも言われているようです。

 

ただ、夜勤専従看護師はライフサイクルによっては
支障をきたすこともありますので、
看護師なら誰でも出来る仕事というわけではない、と思います。

 

また、夜勤専従というと【高給】である部分に目がいってしまいがちですが、
業務内容や業務内容に見合った給与額か?という点も
忘れずにチェックしてみるべきだと思います。

 

これまでお話ししたことを踏まえて、
あなたが夜勤専従での勤務を希望されるなら、
まずは、しっかりと情報収集を行ことが大切になってくると思います。

 

夜勤専従は短期間でかなりの額を稼ぐことが出来るので、
短期間に集中して頑張ることで、貯金も出来ると思います。

 

あなたに何か夢があるとしたら…
夜勤専従で頑張るのも一つの選択肢かもしれませんね。

 

夜勤アルバイトの情報を集めるのであれば、
『ナースパワー』が強いようですね。

 

 

 

   求人3.8万件以上!紹介実績25年!業界最大級全国13拠点!

 

 

 

 

 

 

 

 

⇒公式ページはこちらから

 

 

夜勤専従=高給!あなたに合った働き方かよく考えてみて下さい。記事一覧

 

ここでは夜勤専従のメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。夜勤専従の3つのメリットを挙げてみたいと思います。夜勤手当が高い=高給看護師の給料は世間の水準よりも高いと言われていますが、それは夜勤手当があるからです。夜勤をすることで、手取りは数万〜十数万円変わってきます。下手すると、看護部長よりも夜勤をたくさんしているNsの方が高給ってことも…。夜勤明けを有効活用できる夜勤の内容によって疲...