意地悪な上司のせいで通信に通う准看護師は大変な思いをしていました。

MENU

准看護師は偏見を持たれている?悔しい思いを知ってください。

 

私の周りでは、現在数名の准看が正看になる為に『通信制』に通っています。

 

 

働きながら2年間、自宅学習とレポート提出に追われ、実地での実習もあります。

 

そんな准看護師達は、誰もが一度は【悔しい思い】をしてきたそうです。

 

 

 

具体的に、准看で通信に通っているNsに、”言われて悔しかったこと”は?と

 

聞いてみたら、こんなにひどいことを言われたことがあったそうです。

 

「あなた准看でしょう?私の指示がないのに勝手に動かないで」と
10歳も年下の正看護師に言われた。

 

 

 

「大した勉強していない(准看護師の)○○さんとなんてとなんて
仕事したくない。」
って面と向かって言われた

 

 

 

23歳の若い介護士に「あの人准看だから一緒に仕事したくないんだよね」
って陰で言われ続けていたことを知った

 

 

 

「え〜、あの人准看なんですか!?なんかショック〜」と若いNsが
正看護師の同期に言ってきた、と同期が教えてくれて知った

 

 

 

「准看のくせに」

 

 

こんな感じで心に突き刺さるような言葉を言われている人が多いです。

 

 

 

特に腹立たしいのが一番下の「准看のくせに」だと思います。

 

【あなたは何様?】って聞きたくなっちゃいますよね…

 

 

 

 

私はある意味准看上がりなので、准看の寄りの見方というか

 

心情が分かる方だと勝手に思っていますが…

 

 

 

准看だって下手すると医者よりも知識があって仕事ができる人もいます

 

頼りになる准看の先輩もたくさんいます。

 

 

 

そんな人でさえ准看】というだけで偏見を持たれているのが現実です。

 

いやな世界ですよね、そういう意味では。

 

 

 

 

そして、そうやって悔しい思いをしてきた人ほど、いち早く通信に通い、

 

見事!正看護師の免許を取得しているんです。

 

 

 

働きながら学校に通うっていうのは本当に大変です。

 

形は違いますが、私もそうやって3年間頑張って正看の免許を

 

取得したので、大変さがよくわかります。

 

 

大変な環境で頑張る准看護師に冷たい職場でした。

准看護師で通信に通うということは、

 

どこかの職場に在籍して通うことになります。

 

 

ここで、大抵の職場は休みを調整してくれたり、

 

応援してくれたりするものなのですが、ひどい職場がありました。

 

 

 

2年生になり実習が入ってくるNsがいたのですが、

 

実習となると地方である場合は都市に出掛けて行かなければなりません。

 

 

 

そうすると、まとまった休みをとる必要があるのですが、

 

その休み希望を見ながら、「忙しいのによくもそんな希望が出せるわね」

 

的な意識でみている上司がいました。

 

 

 

舌打ちしながら「これだけ休みをあげているんだから、

 

受からないわけはないわよね?」と准看Nsに

 

変なプレッシャーを与えている場面を見たこともありました。

 

 

 

また、休みはくれるものの、わざとに夜勤明けにして、

 

実習に間に合うか間に合わないかの勤務をつけたり、

 

休み明けに『連続日勤+夜勤続き』という過酷な勤務をつけたり、

 

あそこまで意地悪な人が上司がいるのには驚きでした。

 

 

 

 

同じ看護師として本当に悲しい思いでしたし、その上司だけではなく、

 

そんな人を上司にしている病院に物凄く腹が立ちましたね。

 

 

 

 

通信に通うNsに協力的ではない職場で勤務している場合には、

 

自分が何の為に正看護師になろうとしているか分からなくなって

 

しまいそうですよね。

 

 

 

 

正看護師の免許を取得したら『こんな病院なんて絶対に辞めてやる』
 
って、よく言っていた准看Nsがいたのを思い出します。

 

 

 

⇒准看だからって諦めないで!ステップアップできる道もある!?

 

 

意地悪な上司のせいで通信に通う准看護師は大変な思いをしていました。関連ページ

正看への道のり
准看と正看の給料の『差』