退職時期を確実なものとする為に、押さえておくべきことがあります。

MENU

退職手続きを滞りなくするために押さえておきたいこと。

転職先が決まって、後は退職するのみとなった時に、
出来ることなら『円満に退職したい』と思いますよね。

 

では、退職手続きをスムーズに、滞りなく円満退職するためには
どうしたらいいのか考えてみたいと思います。

 

まず始めにすることは、就業規則の退職の項を確認することです。

 

法的には、退職の申し出は「退職希望日の2週間前まで」となっているのですが、
退職規定は各病院によって違うと思いますので、あらかじめ就業規則などで、
いつまでに申し出なければいけないかを必ず確認しておく必要があります。

 

ちなみに、私が今まで勤めてきた病院は”退職の申し出は1か月前”
というところが多かったですね。

 

国が経営している病院では確か2週間前だったと思います。

 

そして、実体験から退職交渉はすんなり受け入れてもらえないことが多いです
とくに、看護師が不足している病院ではそれが顕著に表れていました。

 

予定通りに退職するために大事なことを押さえましょう。

 

退職を申し出る際には、次のことに注意して欲しいと思います。

 

次月の勤務表が出る前に申し出る

 

勤務表を作る大変さは誰もが知っていると思います。

 

勤務表が出た後に申し出てしまうと、作り直しをしなくてはいけなくなり、

 

他の人に迷惑がかかってしまったり、最悪の場合は変えることが
出来ないから、という理由で退職の時期を1か月も先伸ばしにされてしまう
可能性も出てきます。

 

退職希望日以外に、最大でいつまで延ばせるかを決めておく

 

万が一、他の人の退職と重なったりしてしまうと、あとに伝えた自分が
辞められないということが実際にありました。

 

そうなった場合でも大丈夫なようにある程度余裕をもっておいた方が良い
と思います。

 

そして、退職の申し出が済んだら、自分は次に何をしたらいいのか?
必ず確認してください。

 

大体、次の展開としては退職願を提出することになると思うのですが、
確認しないままでいるとうやむやにされて、退職時期を逃してしまう恐れ
あります。

 

実際に以前の職場でこんなNsがいました

 

退職を申し出たはいいけど、科長から部長まで話が行かずにうやむやにされて、
結局そのNsが辞められたのは予定よりも3か月も遅くなっていました。

 

そのNsは次の職場を決めていて、入職日も決まっていましたが、
そんなことで予定の時期に辞めさせてもらえないことを
相手先の病院に伝えて、待ってもらえたので良かったのですが、
「待ってくれない病院だったら?」そう考えると恐ろしいですね。

 

退職願の用紙は規定なのか?自分で用意するのか?

 

退職願は自分で用意することが多いと思いますが、
私が以前勤務していた病院では退職願の既定の用紙があり、
以下のように書きました。

 

一身上の都合により平成○○年○月○日をもって退職いたしたく、
ここにお願い申し上げます。

 

通常はどんな理由があろうとも「一身上の都合」と書くようです。

 

自分の勤務先は「退職願い」の用紙は自分で準備するのか? 
既定の用紙があるのか?ここを確認しておくと良いと思います。

 

退職願が書けたら通常は直属の科長に提出します。

 

そして、科長が看護部長に提出し、受理されて初めて退職することが決まり、
退職に向けての事務的な手続きが進んでいくようになるというのが、
私の経験上、一般的なのではないかな?と思います。

 

退職までの手順をシュミレーションして、
滞ることのないようにしたいですね。

 

⇒看護師転職サイトはどこも大差ないと感じました。

 

退職時期を確実なものとする為に、押さえておくべきことがあります。記事一覧

 

私は、今までに数回の退職を経験してきていますが、毎回「あっそうだった…」と思うことがあります。それは、退職時には『返納するお金がある』ということです。社会保険や税金、そして燃料手当がそれにあたるのですが、実際の書類を見ながら振り返ってみたいと思います。私は1月いっぱいで前職場を退職し、2月から新職場に入職したわけですが…まずは1月の給料明細書を見てください。総支給額が 40万2704円に対して、控...