看護部長は看護部を私物化!?看護師が辞めていった理由のひとつ…

MENU

部長の気持ちひとつで看護部が操られている?

 

私が以前に働いていた某病棟では1年間にかなりのNsが辞めていった…
ということがありました。

 

退職の理由は10人10色だったようです。
その中の一つに【部長の考えについていけない】という人もいました。

 

「部長」はワンマンで配置換えも短期間で「はいあなた異動ね」というように
Nsは将棋の駒のようでした。

 

また、部長の子供がNsとして勤務していましたが、
やはり可愛いのでしょうね。

 

子供のいきたい病棟に異動させてあげたり、
子供がいじめに合わないように人間性の高い、
優秀なNsを集めて病棟を作り上げていました。

 

等々…話始めるときりがなくなってしまいますので、
こんな話は置いといて、話を元に戻しましょう。

 

部長が科長を嫌い?個人的な感情で振り回される身にもなって!

 

通常は辞めていった人数と同じ人数が異動になってきて
過不足のないように配置異動をしてくれるのですが、
私のいた病棟はそうではありませんでした

 

一部のうわさでは「科長」が「部長」に嫌われていたから
と聞きました。

 

私個人としては「科長」が大好きでした。

 

いつも病棟スタッフの味方で、教育熱心で、
人間味があって、尊敬できる人でした。

 

そんな「科長」だったので、部長に対しても意見するし、
楯突くことがよくありました。

 

だからこそ「部長」は自分に懐いてこない「科長」が
嫌いだったようですね。

 

そんなことから
辞める人が続出しても次のスタッフが補充されない
のです。
(私情を挟むのはどうかと思いますが…。)

 

それでなくても業務がハードでサービス残業
2〜3時間は当たり前の世界だったのに、
4〜5時間が当たり前になってしまいました。

 

さすがにこの時は「私も辞めたい」という人が出てきましたね。
(私も辞めたかったのですが、人間関係が良く
科長が好きだったので耐えました)

 

こんな風にして、
誰かが辞めると業務がハードになってまた誰かが辞める。

 

悪循環がずっとずっと続いてくことで、
残っているスタッフがどんどん辛くなりますよね。

 

上司が「出来ない人」だと部下は本当に大変で
キツイ思いをすることが多くなってしまうと思います。

 

もしも転職を考えている場合は、上司はどんな人物なのか?
これもチェックする必要がありますね。

 

あなたの病院は大丈夫ですか?

 

⇒職場を変えたくなる理由は様々にあると思います。