現場で感じた【職場を変えたくなる理由】を細かく挙げてみました。

MENU

看護師の私が心から転職を意識したにひどい出来事の話です。

 

看護師を長年やってきていますが、あんなひどいことは初めてでした。

 

転職を意識する出来事って細かいことを挙げるとキリがありませんが、
ここまで「こんな病院は絶対に長くいられない」と思った出来事の話をさせてください。

 

規模の大きい病院であれば階ごとに「循環器科病棟」「整形外科病棟」
「混合病棟」など科が分かれていますよね。

 

そして、週に1〜2回は、2次・3次救急当番というものが回ってきます。

 

私が以前働いていた総合病院の話になりますが、結構頻回に救急当番に
当たっていて、自分が夜勤の時に救急当番にあたっていると正直「嫌だな」って
思っていました。

 

なぜかって?

 

それは、必ず急患が来るわけではないけれども、
来ると異常に忙しくなる確率が高いからです(^-^;

 

なので、夜勤の最中はふとした時に「急患が来ませんように・・・」
と考えたりしたものですが・・・・

 

ある日の夜勤の時の話です。

 

その当時の職場でも循環器病棟にいたわけですが・・・

 

救急当番の日で、結構何台もの救急車の音が聞こえてきて
「嫌だな~」なんて思いながら夜勤をしていたのですが、
幸運なことに!?私の病棟に急患がまわって来ることは
ありませんでした。

 

「今日は大丈夫そう^^」

 

そう思いながら23時を過ぎたあたりの事でした。

 

他の階の病棟から「DCを貸してください」と連絡があり、
貸出したわけですが、(循環器病棟なので、他科から
心電図やDCを貸して、とよく連絡が来ます)

 

「あらら、5階(消化器病棟)は忙しそうだね」なんて言いながら、
私たち3人は他人事のように思いながら夜勤終了時間を
待っている状態でした。

 

すると電話が入り・・・

 

何と!DCをかけた患者さんがうちの病棟に
転科してくるということになりました。

 

「えっ!?もう少しで終わる時間だったのに・・・」

 

とショックを受けながらも、とりあえずレスピなど
諸々の準備をして待っていると、そこに現れた患者さんは・・・

 

挿管されたてのアンビュー状態でした。

 

そして、移ってくるなりレスピ装着・Aライン確保等々しましたが、
血圧が不安定で、あれもしなきゃ、これもしなきゃと言う感じで、
非常に忙しい状況になってしまいました。

 

ちなみに、その患者さんは22時頃救急車で運ばれてきた方で、
吐血をしてあっという間に呼吸停止・心停止となり
挿管されたようなのですが、何故か急遽、うちの病棟に
移ってくることになったそうです。

 

「吐血なんて、5階(消化器)で看るんじゃないの!?」
「どうしてうちに移ってくるの?」

 

と思いながら、何とも言えない、文句タラタラな状態で
対応していたわけですが、(もちろん、心の中でですよ(^-^;)

 

のちに、うちに移ってきた理由が分かりました。

 

そんな出来事があった当時に働いていた病院は、
科長の強い・弱いという権限のようなものが存在していたんですね。

 

そして、5階が1番強く、私がいた7階病棟は
どちらかというと弱い立場の病棟だった為、

 

何かと面倒な患者さんはうちの病棟に回ってくる
という背景がありました。

 

こんなよく分からないことって結構あることなのですが、
今回の急患の話もこの権限?が絡んでいたようなんですね。

 

救急当番であったその時の当直科長が5階の科長だったのですが、
「なんか面倒な患者さんだから、7階に送っちゃおう」という理由で
うちの病棟に送られてきたらしいのです・・・(-_-;)

 

百歩譲って、循環動態が不安定でレスピ管理だから
循環器病棟に・・・ということで、次の日に改めて
うちに移ってくるのならまだ理解できますが、

 

挿管したてで不安定な状態のままエレベーターに乗ってくるのって
どうなんでしょう?と思ったわけですね。

 

そして、止めの「面倒だから送っちゃえ」というのは
いかがなものかと(ーー;)

 

あまりにも患者さんが可哀想ですよね。
(もちろん、私たちもとばっちり?で可哀想・・・)

 

ここまでひどい事ってそうそうありませんでしたが、
科長の強い・弱いであんなことがあってからは、
私は「転職」を意識し始めましたね。

 

そこの病院もいい所、悪い所がありますが、
あまりにも理不尽な悪い所がある場合は
「こんな病院には長くいられないな」って思ってしまいますよね。

 

⇒看護師が職場を変えたい理由はこんなことではありませんか?