辞めたくなる理由が自己解決できない場合は?環境を変えるのが得策!

MENU

環境を変えたくなる時。意味のない入院、長期入院をさせることはやめて!

 

看護師として働いていくと、【職場を変えたい】【この病院辞めたい】
って思うことが結構色々あるものです。

 

私が若い頃に勤務していた病院はこんな所でした。

 

規模的には400床程度の総合病院で、
その時も私は循環器科に配属されていました。

 

勤務始めの頃は、AMIや心不全などの循環器の患者さんで
占められていましたが、ふと気がつくと、60床のうち、な・なんと!
半分近くがよくわからない(笑)患者さんになっていました。

 

胃腸炎、転倒による打撲、肩凝り、ただの風邪など、
『どうしてこの人は入院しているの?』と思うような患者さんが
溢れてきました。

 

こんな言い方はちょっといけないかもしれませんが、
手がかからずただ入院しているだけなら良いのですが、
そういう患者さんに限って高齢であったり、ADLの介助量が
大きい患者さんであったり、認知症がひどかったり・・・

 

とにかく手のかかる患者さんばかりなんですよね。

 

さらには、家族の人は、入院したのをチャンスとばかりに、
『もう家では看れませんからしばらく置いてください』となったりして、
Drはそれに対し「了解」してしまうから、まずは介護申請から始めて・・・・
となる為、必然と長期入院になってしまいます。
(どうして断れないんだ!この医者めっ!!(-_-;) と思っていました)

 

また、もともと施設からきた人でも、少しADLが落ちた程度なのに、
『そのようなADLになっているのであればもううちでは
対象になりませんので他を探して下さい』となってしまうこともあったりで、
ほかの施設が見つかるまで入院していたり・・・。
(自宅待機させてよ?!と思ってしまいます・・・(ーー;))

 

そんなこんなで、数ヶ月入院していた患者さんが結構いました。

 

意味のない入院で、手がかかる。
 
若かった私は、その現状が本当に嫌でした。

 

循環器の勉強がしたかったのに、どうして介護ばかりなの!?
と半ばイライラした時期もありました。

 

まるで介護護施設のように変わっていく病棟を
ただ見ているだけしか出来ない自分、何とか状況を変えたい自分・・・・

 

【こんなのって絶対何か違う】って感じながら働いていました。

 

結局、その病院は介護中心の病院になり、最後は老健になりました。
とにかく勉強したかった私は、もちろんその病院を去りました。
 
自分の力ではどうすることも出来ないことってありますよね。
そういう場合はやっぱり「転職」しかないよな・・・って思います。

 

環境を変えない限りは何も変わりはしませんし、
自分がやりたいことさえも奪われてしまいかねません

 

特に、看護師って若い時はたくさん勉強したいものだと思います。

 

自分が成長できる場所を自分で選んで、
納得のいく環境で働くことが一番だと私は思います。

 

 

⇒看護師が職場を変えたくなる理由って様々にあります。細かく挙げてみました。