シングルマザーの看護師は大変!その大変さをずっと続けていきますか?

MENU

シングルマザーで看護師をしているとその職場の「環境」が見えてきます。

 

私はシングルマザーで10年近く看護師として働いています。

 

今までに7回転職し、様々な職場を見てきました。

 

 

そんな中で、シングルマザーの看護師だったからこそ見えた
その場、その場の「職場の顔」がありました。

 

 

 

シングルマザーであれば、避けて通れないのが、子供が急病の時などの
急なお休みだと思いますが、この時に「職場の顔」が分かります。

 

 

 

【職場A】

 

私:「子供が熱を出したのでお休みをいただきたいのですが」

 

師長:「あら可哀想に。お子さんの傍にいてあげてね。お大事にね」

 

 

純粋でやさしい師長さんでした。
スタッフもほとんどが同じように優しく、あったかい雰囲気の病棟でした。

 

 

 

【職場B】

 

私:「子供が急にお腹が痛いって言い出して。お休みを頂けますか?」

 

師長:「ちゃんと病院に行きなさい。診察が終わったら連絡ちょうだいね」

 

疑い深い師長さんでした。
スタッフはいい人が多かったのですが、師長さんが苦手でした。

 

 

 

【職場B】

 

私:「子供が風邪をひいて。預ける人がいないのでお休みを頂けませんか?」

 

師長:「親に預けられないの?○○さんの前にも休むって電話が来ていて、
    あなたも来なかったら困るの。何とかならない?」

 

 

何事にも厳しい師長さんでした。スタッフの家族構成をよくわかっていたので
預けられるか?預けられないか?を自分の目線で決めてしまうことがよくありました。
スタッフは師長さんを信頼していましたが、いざという時の強引さに引いていました。

 

 

 

 

ここで挙げた3つの職場はほんの一例なのですが、こんな感じのやり取りで
その職場の顔が見えたりしたものです。

 

 

 

シングルマザーって子供の事が最優先じゃないですか?
そこのところを理解してくれない職場はおススメ出来ませんし、その職場に
長くいるべきではないと私は思います。

 

 

 

 

あくまでも個人的な感想というか意見になってしまいますが・・・

 

 

独身の師長さんがシングルマザー看護師の大変さを理解している振りをして
実は全く理解していないという悲しさを何度か体験してきました。

 

 

分かった振りをして、違うスタッフに愚痴や文句をこぼしている師長もいました。

 

 

そもそも、独身の師長にシングルマザーの立場や状況というものを
理解して!ということは難しいことなんだと思います。

 

 

子育ての経験がない、シングルマザーの経験がない(当たり前か・(笑))
そんな上司に求めてはいけないんだなって、ある程度はあきらめも
必要かなって思います。

 

 

 

でも、私の経験上、シングルマザー看護師にとって、本当に恵まれた、
いい環境の職場もあるんですよね。

 

 

 

少しの諦めも必要ですが、「もっといい職場はないかな?」って
周りを見渡すことも大切なんじゃないかなってこの年になって
思うようになりました。

 

 

 

【ひとつの職場で勤め上げる】ということは素晴らしいことかもしれませんが、
せっかく働くのなら、気持ち良く・楽しく働けたほうがいいと思います。

 

 

 

私は人より転職回数が多いかもしれませんが、何だかんだと
条件や環境のよい職場に恵まれて15年以上看護師を続けてこられています。

 

 

 

 

転職経験の多めなシングルマザーの看護師である私が言えることは・・・

 

 

【軸がぶれてしまいそうなら転職するのもひとつの方法!】

 

 

軸とは、自分の事かもしれませんし、子供のことかもしれません。

 

 

 

 

自分が大事にしている“何か”が侵されそうになった時は、
その場に留まることは危険なんじゃないのかなって思っています。

 

 

 

 

シングルマザーの看護師として、まだまだ楽しく働きたいと思います^^

 

 

 

⇒こんな看護部長も世の中には存在します!病院を私物化する看護部長に・・・!

シングルマザー看護師として働いていると見えてくるものがあります。関連ページ

母子家庭と看護師
悩めるシングルマザー看護師
シングルマザーの常日勤ってステキ!