自分の価値を高めるのも下げてしまうのも職務履歴書の書き方一つ!?

MENU

転職につきものな『職務履歴書』をしっかり書きましょう。

 

中途採用者となる転職では履歴書の他に職務履歴書
必要になることもありますが、大体は履歴書の中に書く部分があって、
こんな感じ↓になっていますね。

 

 

 

履歴書は…
自分がどのような人であるかを面接をする人に
知ってもらうための書類

 

職務履歴書は…
採用する側が見てその人の能力を見極めるためのもの
となります。

 

職務経歴書に記載する内容は、大雑把にいうと
以下の様になります。

 

*過去どんな職業についたか?

 

*どんな仕事を経験してきたか?

 

*どんな仕事を任されてきたか?

 

*どんなスキルを身につけたか?

 

*どんな資格を持っているか?

 

これらが分かるように、見やすく分かりやすく
書くことが望ましいでしょう。

 

転職回数が多い場合は不利になるような気がしますが、
その場合は、様々な経験を通して
『スキルアップすることでキャリアアップに
つなげることが出来ました』というように
プラス要素としてアピールするのがよいですよ!

 

私の場合は、転職が7回目で職務履歴書が長くなりましたが、
幸いなことに(?)、透析と循環器病等の経験が
半数を占めていたので、とてもプラスに見ていただけました。

 

ちなみに転職回数が多すぎると絶対聞かれるのが
「退職理由」でした。

 

私の場合は、希望先の看護部長が
『私が辞めたいと思っている病院の事情』を
知っていたようで、”事情”はどちらかというと、
病院に対する不満・批判に近いものでしたが、

 

とても同情してくれて、看護部長の理解を得ることが
出来ました。

 

ただ、一般的に退職理由で伝えてはいけないことは
【前の職場の批判・不満】と言われているそうです。

 

そのような退職理由は自分自身の評価も落としかねないので
十分に気を付けてくださいね。

 

もしもあなたが前の職場の批判や不満が原因で
転職を考えている場合は、以下の様に
伝えるといいかもしれませんね。

 

「前の病院では○○のようなことをやりたかったができなかった」

 

「希望する職場の方が自分の知識や技術を高めることができると考えた」

 

ポイントは全てにおいて
【プラスに捉えてもられるような書き方、話し方】
だと思います。

 

私は看護師転職サイトを利用しましたが、
この履歴書と職務履歴書の書き方についても
アドバイスをいただいたので、そのアドバイスを
活かして書きました。

 

転職サイトには転職専門のプロが在籍していて、
無料で相談にのってくれるので、
これを活用しない手はないと思います。

 

⇒看護師転職サイトはどこも大差ない!?って感じました。

 

 

自分の価値を高めるのも下げてしまうのも職務履歴書の書き方一つ!?関連ページ

その@自分の気持ちを整理する
そのAスケジュールを立てる
そのB情報を集める
そのD転職先は口外しない