看護師転職で条件を満たす職場を見つけるには情報収集量が鍵となる。

MENU

“情報収集をいかにするか”に転職成功のカギが隠されています。

 

看護師が転職を考えた時にどこから求人情報を集めるか?

 

 

私は以前はハローワークや友人の口コミで情報を得て、

 

転職に活かしていました。

 

 

ハローワークには、地元の求人情報が載せられいますが、何度か足を運び、

 

紹介状を書いてもらったりしなくてはいけないため「何かと手間がかかる」

 

と感じていました。

 

 

 

そんな感じなので、ハローワークを利用しての転職は何かと面倒でしたが、

 

当時の私の頭の中は、転職=ハローワークという認識しかなかったので

 

利用していました。

 

 

 

しかし、今回はちょっとしたきっかけで看護師専用の転職支援サービスがある

 

ということを知り、初めて『看護師転職サイト』を利用しました。

 

 

 

求人情報の多さと便利さ、在職中でも転職の手続きなどがスムーズに

 

進んいきますし、これは『転職活動に便利!』っていうことを実感しました。

譲れない条件があるからこそたくさんの情報が必要になる。

 

転職を考えて病院を探す時って、

 

自分の中で譲れない条件が絶対に出てくると思います。

 

 

 

希望の条件に合った転職先がひとつの鍵だとしたら、

 

入手した情報(求人)の数が”鍵穴”であり、

 

鍵にピッタリ合う鍵穴を見つける為には、少ないよりも多い方が良い

 

ということになりますよね。

 

 

 

なので、“情報収集”と”情報量”はとても大事ということが

 

分かっていただけると思います。

 

 

自分の希望が多いほど情報収集は人より多くすべきだと思います。

 

 

 

そして、自分に合った転職先との出会いには”タイミング”というものが

 

存在する気がするので、そのタイミングを逃さないようにするためにも、

 

情報収集に関しては『待ちの姿勢』ではなく、積極的に行動を起こしていく

 

このことが転職成功に繋がっていくのだと感じました。

 

 

 

【情報収集は効率的な方法で行い、情報がたくさん得られる環境を作る】

 

 

 

ここがしっかりしていれば、希望の条件にあった転職先を探すことは

 

そうそう難しくないと思います。

 

 

自分に合った方法で情報収集を上手に行い、

 

希望の条件に見合った転職先を見つけて欲しいと思います。

 

看護師転職で条件を満たす職場を見つけるには情報収集量が鍵となる。関連ページ

その@自分の気持ちを整理する
そのAスケジュールを立てる
そのC職務履歴書を書く
そのD転職先は口外しない