看護師が転職を考えた時に押さえておいて欲しいポイントが5つあります。

MENU

看護師の転職は簡単?そんなことはないと思います。

 

看護師の転職はラクラクとか、簡単というような話を
聞いたことがあるかもしれません。

 

確かに、看護師は免許というものがあるので、
働く場所に条件をつけなければ就職先も見つかるかもしれません

 

しかし、転職を考え始めたということは、
現状に何らかの解決したい問題があったり、
自分を変えたい、変わりたい、と感じていることが
あったりするからだと思います。

 

となると、転職先には幾つかの条件をもって探す必要が
出てくると思います。

 

そういう意味では、希望通りの転職先を見つけることからスタートして、
面接⇒採用という道のりは、結構大変だったするのではないでしょうか?

 

どこかで道に迷ってしまうと転職が失敗に終わってしまう確率も
決して低くはないと言えるかもしれません。

 

“失敗は成功のもと”とは言えない転職
 
だからこそ慎重に、そして計画的に進めていくのが
良いのではないかと、自分の実体験を通して感じました。

 

”転職を考えた時に押さえておきたいの5つのポイント”

 

転職を考えた時に何から手をつけたらよいのか?
どうやって活動したらいのか?

 

ここでは一般的に言われている
”押さえておきたい5つのポイント”をお話したいと思います。

 

ポイント@ まずは自分の気持を整理しましょう。

 

 

自分はどうして転職したいと思っているのか?
その答えはハッキリしていますか?

 

 

一時的な感情だけで転職を考えて、現実逃避たいだけの転職では
上手くいくハズはない、と思います。

 

 

転職せずに現状で頑張る、という選択肢も実はあるかもしれません。

 

 

ここで自分の気持ちを整理し、ハッキリさせることで
強い信念をもって転職活動に挑むことが出来ると思います。

 

ポイントA  スケジュールを立てましょう。

 

 

ただ闇雲に転職活動をするのはおススメできません。

 

転職をして自分はどうなりたいのか?をイメージしてみてください。
そうすることで転職先に対しての希望の条件が挙がってくると思います。

 

 

希望の条件が挙がってくると、その希望を満たす病院はどこなのか?
そこに応募するためにはどうしたらいいのか?など、
自分がやるべきことが見えてきます。

 

 

そうするとスケジュールも立てやすくなり、計画的に行動を起こすことで
効率的に転職活動が出来ると思います。

 

ポイントB  しっかり情報収集をしましょう。

 

 

自分に合った就職先はどこにあるのか?
求人を探す方法はいくつかあります。

 

 

例を挙げると、地元の口コミやハローワーク、
看護協会が運営しているナースセンター、
ネット上でよく見かける『看護師転職サイト』などがあります。

 

⇒私の実体験から決めた看護師転職サイトオリジナルランキングはこちら。

 

 

自分に合った方法で、出来るだけたくさんの情報を集めて
比較・検討することで、希望の条件に合った転職先が
見つかりやすくなると思います。

ポイントC  職務履歴書をしっかり書きましょう。

 

 

希望する就職先が見つかったら応募するわけですが、
転職の場合は”職務履歴書”が必要になります。

 

 

これまでの職務経験を踏まえて自分の持っている力を
アピール出来るようポイントを絞って書いてみましょう。

 

 

職務履歴書を書く上で、大事なことがあります。
それは、隠しごとのない職務履歴書を書く、ということ。

 

 

万が一入職後に隠し事が見つかった場合は
解雇されてしまう可能性も無きにしも非ず。

 

転職回数が多いとつい省きたくなるかもしれませんが、
しっかり記入しましょう。

 

ポイントD  転職先は最後まで口外しないように。

 

 

退職が決まり転職先も決まると、つい仲間内に話したくなるのが人の常。

 

しかし、新しい就職先に入職するまでは
転職先を伏せておいた方が良いと思います。

 

もしも口外してしまうと、新しい就職先で自分の情報が
出回る可能性が高くなります。

 

 

新しい転職先では、これから入ってくる人物に興味を持ち、
その人の情報が集められ、良いこと、悪いこと、過去の職歴や
職場での評判など、様々な噂のネタになっていることが
少なくありません。

 

入職前から色んな噂がある状況は避けたいものですよね。

 

 

以上、大まかに転職を考えた際に押さえておいてほしいポイントを
まとめてみました。参考にしていただければ幸いです。

 

ここで、私の実体験で言うと最後のポイントDが思い当ります…

 

新しい職場に入った時に、いきなり…

 

「○○さんから◆◆さん(私のこと)のことは聞いてます」とか、
「○○さんと一緒に働いていた方ですよね?噂は聞いていますよ」

 

って言われちゃいました。

 

この噂というのが「いい人だよ」っていう感じの噂だったので
まだ良かったのですが、これが、悪い噂だったとしたら…
考えただけでも恐ろしいですね。

 

くれぐれも、転職が完了するまで転職先の名前は
伏せておくことをおススメします。

 

 

⇒看護師転職サイトはどこも大差ない!?でも使ってしまうのには理由がある。

 

 

 

 

 

転職を考えた時に押さえておいて欲しいポイントが5つあります。記事一覧

 

もしもあなたの転職の理由が…「上司が嫌だから転職したい」「仕事についていけないから辞めたい」など、どちらかというと暗い気持ちになってしまうような理由だとしても、それは転職はひとつの“きっかけ”として捉えて”ネガティブ”に考えない方が良いと思います。なぜなら、そんなネガティブな気持ちというものは、書類関係や面接の時に表れ、相手に伝わってしまう可能性が高いからです。「上司が嫌だったおかげで、転職を考え...

 
 

気持ちが整理できて、転職への強い気持ちが固まったら、次はスケジュールを立ててみましょう。転職活動は出来れば3か月くらいはとった方が望ましいと思います。短期間で希望条の整った就職先を見つけることは難しいと思いますし、一時の感情や「高給」などの目先だけの材料で就職先を選ぶと転職失敗なんてことも有り得るからです。転職を成功させたいと望んでいるなら、じっくりと作戦を練ってスケジュールを立てることをおススメ...

 
 

看護師が転職を考えた時にどこから求人情報を集めるか?私は以前はハローワークや友人の口コミで情報を得て、転職に活かしていました。ハローワークには、地元の求人情報が載せられいますが、何度か足を運び、紹介状を書いてもらったりしなくてはいけないため「何かと手間がかかる」と感じていました。そんな感じなので、ハローワークを利用しての転職は何かと面倒でしたが、当時の私の頭の中は、転職=ハローワークという認識しか...

 
 

中途採用者となる転職では履歴書の他に職務履歴書が必要になることもありますが、大体は履歴書の中に書く部分があって、こんな感じ↓になっていますね。履歴書は…自分がどのような人であるかを面接をする人に知ってもらうための書類職務履歴書は…採用する側が見てその人の能力を見極めるためのものとなります。職務経歴書に記載する内容は、大雑把にいうと以下の様になります。*過去どんな職業についたか?*どんな仕事を経験し...

 
 

転職活動が進み、無事に希望の就職先に内定が決まった!あとは退職日を待つだけ…という時に、周囲に退職日が知られている場合は「行くところは決まったの?」「次はどこの病院に行くの?」そのように聞かれることがあると思います。退職も決まってるし、内定をもらった病院はいい病院だし…と思って、つい話したくなるのが人の心情というものだと思います。しかし、転職先に入職する当日までは、身内以外の誰にも話さない方が無難...