ナースバンクでは元看護師が相談員としてアドバイスしてくれる!

MENU

看護協会が運営している看護師向けの求人事業。

ナースバンクってあるのをご存知ですか?

 

ナースバンクとは…
 
日本看護協会が運営するナースセンターが開設した
看護師向けの事業です。

 

ナースセンターは、1992年に「看護師等の人材確保の促進に関する法律」に
基づいて設置され、看護師向けの事業を様々に手がけているそうです。

 

ナースバンクはその事業の中の1つにあたるんですね。

 

“看護師等の人材確保の促進”を目的として、厚生労働省の許可を受け、
各都道府県のハローワークの指導のもとに「看護師専門の職業相談所」的な
役割を担っているそうです。

 

ちなみに、看護師であれば誰でも転職・就職に関する相談や、
求人の閲覧を行うことができます

 

ナースバンクを運営する各都道府県には必ず1つ以上の
ナースセンター施設が存在し、インターネットを通じた求人の検索も可能
になっているそうです。

ナースバンクで出来ることをまとめてみました。

 

ナースバンクに登録すると、以下のようなことが出来るようになります。

看護師求人の閲覧

 

求人の紹介状を書いてもらう(実質的な応募に当たります)

 

相談員への職業相談

 

このようなサービスを受けることができます。

 

一般的に、ナースバンクの相談員は元看護師ということなので、
ハローワークとは少し違った視点でアドバイスを受けることが
できるかもしれません。

 

ナースバンクは税金で運営されているので、
無料で利用することができるそうです。

 

 

⇒看護師転職サイトのメリットって?実体験から感じたこと。

 

 

ナースバンクでは元看護師が相談員としてアドバイスしてくれる!記事一覧

 

ナースバンクと看護師転職サイトとは大きく異なる点があり、仕事を探す際にいくつか注意しなければいけないことがあります。★応募するまでに時間が掛かる★求人情報に詳しくない為、最低限の情報しか得られない☆相談員は元看護師なので、アドバイスが的確なことが多い★転職のプロではない為、転職に関するよきアドバイザーとは言えない★相談員は面接に付いてきてくれることはない★業務内容や給与額などは全て自分で交渉しなけ...