新人看護師との夜勤4回目。一緒に働くことで感じたことを素直に・・・。

MENU

新人看護師との夜勤も4回目。一緒の夜勤を踏まえて感じたこと。

 

新人看護師さんと一緒の夜勤も4回目になりました。

 

 

始めは「新人なんてこんなもの」と思っていた私ですが、4回目ともなると
見えてくることが結構あったりして・・・

 

なので、新人看護師さんと一緒の4回目の夜勤での感じたことを
正直に記していこうと思います。

 

新人看護師さんは男性の方なのですが、何というか
「気が付かない」んですね。

 

プリセプターや周囲のスタッフ数人が話していたことが
わかった気がした4回目の夜勤でしたね。

 

気が付かないって何に?か?
 
まずひとつめに、本当に【周りが読めない】というか、
【周りが見えないor見えていない】のだと思います。

 

自分がしなくてはいけないこと、残っている仕事などに
気をとられてしまい、焦ってる、とまでは行きませんが、
自分のことで一杯一杯なようですね。

 

例えば、経管栄養の人はおむつ交換後に体位調整をして、
口腔ケアを行ってから栄養を始めるのですが、
“栄養をいくことで頭がいっぱい”のようです。

 

なので、おむつ交換に回る時間なのに栄養セットを運んできちゃいます。

 

すかさず「まずはおむつだよ、栄養は急いでいかなくても逃げないから」
と言ってあげました(*^▽^*)

 

すると、新人君は「あっ、そうでしたね(^-^;」とわかってくれたようです。

 

その他には、自分が何かケア等に入っていると【コールに気が付かない】
これは結構致命的ですよね…

 

通常よくあるトイレコールとかならいいのですが、
『スタッフコールだったら?どうするの!?』ということになります。

 

夜勤は3人体制ですが、一応チームワークが大事ですよね。

 

特に、急変時は「チームワークの良さがあったからこそ救える命」
ということもある訳でして・・・

 

なので、ここは少しキツメに伝えました。
新人くん:「あっ( ゚Д゚) そうですよね。これから気をつけます」
一応、分かってくれたようだったのですが、ここは引き続き
チェックしていこうと思っています。

 

今回は新人看護師君と一緒の4回目の夜勤でしたが、
この後も何故か私が新人君と組む夜勤が異常に?多いので、
しっかりと彼を“見て”、しっかりと指導していけるように、
私も頑張りたいと思います!

 

新人時代は誰もが通る道・・・

 

素直に聞いてくれる新人看護師君は、きっと少しずつ
成長してくれるでしょう!!

 

 

⇒新人看護師時代に立ちはだかる壁と誰もが通る道ってありますよね。