看護師で新人が転職を考える理由にはこんなことが背景が・・・!?

MENU

看護師の新人の転職理由にはこんな背景が隠されている?

 

 

4月に入職した新人看護師が頑張っていますよ〜!

 

さて・・・

 

看護師新人の転職理由の背景に目を向けてみようと思います。
ポイントは『新人看護師=すべてが初体験』です。

 

経験を積んだ看護師が新人看護師の動きを見て・・・、

 

「こんなことも知らないの?」
「こんなことも出来ないの?」
「勉強してないんじゃないの?」
「根拠をもって動いているの?」

 

などなど、そんな声よく聞こえてきます。

 

私がいる病棟の昨年の新人看護師約1名は、
度々そんなセリフを投げかけられていました。

 

今年は新人を何とか卒業し2年目に入っていますが、
その約1名はまだ数人の看護師には認めてもらっていません。

 

私の目からみると「こんなものだから心配ない」って
思うんですけどね。

 

新人看護師=すべてが初体験、なのですから、
発想が逆なんじゃないかなって思います。

 

「これが出来るようになった」
「これが分かるようになってきた」
「この処置も出来るようになった」
「こんな考え方も出来るようになった」

 

私個人としては、新人看護師に関しては
こういう感じで受け取って、評価をしています。

 

ところが、経験のある看護師中にはそういうように
受け取っていない人が存在するのが現実だったりします。

 

もちろん、温かく見守ってあげている優しい看護師も
たくさんいるのですが、何故かそうじゃない看護師の方が
目立つというか、新人看護師の脅威的な存在となっています。

 

これが看護師の新人の転職理由になっているひとつでも
あるんじゃないかなって思います。

 

誰だってそうだと思うんですよね。

 

何か処置をする際など、“監視されている”と感じると
出来る事が出来なかったり・・・

 

患者さんの対応でも“監視されている”と感じると、
上手く説明出来なくなっちゃったり・・・

 

本来持っている自分らしさや能力を十分に
発揮できませんよね、“監視”されている状態って・・・。

 

プリセプターや経験ある看護師側の新人看護師に対する
見方って本当に大事だと思います。

 

“監視”と『見守る』、これって全く持って別のものであって、
新人看護師の立場からすると絶対に後者がいいでしょう?

 

それを何故かこわい看護師は“監視”の目で新人看護師を見る。

 

失敗があれば揚げ足を取るではありませんが、
「どうしてそうなる?」「どうしてそんな行動をとった?」etc・・・
というように新人看護師に詰め寄ります。

 

こんな風な毎日が続けば、大袈裟にいうと・・・・
新人看護師は生きていけなくなりますよね(笑)←笑い事じゃないですね

 

出来ないこと、分からないことにぶつかりながらも
本人なりに考えて起こした行動に対して、もしも間違っていたら
揚げ足を取るんじゃなくて・・・

 

「そうならないようにどうしたらよかったのか?」を
新人看護師の目線に立って一緒に振り返ったり、

 

「起こした行動を分析して何がいけなかったか?」を
指導してあげる。

 

そんな気持ちをもって・・・
新人看護師自身が気付いて、理解できるように、
プリセプターを筆頭に周りのNsも一緒に新人看護師を
育てていく、というワケですよね。

 

これがなされない環境に身を置いてしまっている場合は、
プリセプターや周りの経験ある看護師が転職理由になって
しまうんでしょうね、きっと。

 

あなたの環境は大丈夫でしょうか?

 

新人看護師には看護師という職業にやりがいをもって、
楽しく働けるような土台を築いていってほしいなって思いますね。

 

⇒新人看護師がぶつかる大きな壁にはこんなものが・・・。