新人時代にはきっと誰もが通る様々に大きな壁が立ちはだかります。

MENU

新人看護師の限界ってどの辺りで何が原因なのか?

 

新人看護師で限界を感じて数か月で辞めていく人がいると思います。

 

 

今、私が働いている病院にも新人看護師がいるのですが、
新人看護師の様子とプリセプターや他スタッフとの関係なども含めて、

 

新人看護師の限界ってどの辺りで訪れるのか?
一体何が原因となっているのか?

 

この部分について想像を交えながら考えてみたいと思います。

 

新人看護師といえば、必ずプリセプターが付くものですが、
このプリセプターによって看護師の世界での限界を感じる
新人さんが多いように思います。

 

以前、私が勤務していた病院でも、プリセプターのよく分からない嫉妬!?
により、いじめ同様な目に遭い、勤務交代で私の居る病棟に
異動になってきた新人看護師がいました。

 

そんな新人看護師の彼女でしたが、異動になってからは,
新しいプリセプターの下で指導を受けながら、
毎日笑顔で、看護師の仕事をこなしていました。

 

これは、新人看護師の限界というよりプリセプターが原因で
彼女に限界を感じさせてしまった・・・ということなんだと思います。

 

⇒あるプリセプターとプリセプティの話はこちら

 

話を今の私の病棟に戻しますが、現在新人は2名で男女各1名います。

 

女性の方は新人らしからぬ落ち着きで、テキパキと仕事をこなしているので、
プリセプターや他スタッフからの評判はいいようなのですが・・・

 

問題は男性新人看護師の方にあるようです。

 

この間、始めて一緒にその男性新人看護師と夜勤を組んだのですが、
私としては特に気になることはありませんでした。

 

細かいことを言えば、気が付くのが遅いとか、
周りの空気を読むのが三歩遅い、などなどありますが、
『新人なんてこんなもの!』と私は考えているので、
特に気になったりはしませんでした。

 

しかし!

 

プリセプターや他スタッフの数人はそれがダメだ!と
思っているようで、「気づけないの?」「周りを見ないとダメだよ」
「やる気あるの?」等、男性新人看護師に声をかけているのを
見かけました。

 

その新人看護師は「はぁ・・・」という感じで返していたので、
まだまだ限界には程遠いと思ってはいますが・・・。

 

でも、果たして新人看護師にどこまで求めるべきなのか?

 

自分が新人時代の時って、分からないことが分からない状態で、
何を訊いて、何を自分でしなくてはいけないかの区別が
付かなかったような記憶があります。

 

そんな状態の自分にキツクあたってきた先輩も数人いましたけど、
優しく丁寧に指導してくれた先輩もいてくれたおかげで、
私は看護師の仕事は面白いと思い始めて、毎日勤務していく中で
多くの学びを得られるように成長してきたのです。

 

一応、新人看護師とプリセプターの間で、
「今月はココをクリアしよう」というように計画表のようなものが
あるのですが、計画通りにいくことって少ないと思うんです。

 

大事なのは、計画通りに新人を教育していくことだけではなくて、
新人看護師の良い部分を認めて、伸ばしてあげること、
だと思うんですよね。

 

始めの関わりで新人看護師の看護師への気持ちが萎んでしまうことは
絶対に避けたいですし、限界を感じて「辞める」という事態を
引き起こしてはいけないと思うんですよね。

 

そんなこんなで、最近は特に新人看護師の動きが気になる
私なのでありました。

 

でもね、新人さん。

 

新人看護師の時だけですよ、何でも訊けるのは・・・
だから遠慮しないでどんどん先輩看護師に声をかけていくと
いいと思います。

 

もちろん、自己学習も大切ですけどね^^

 

新人もお局看護師も頑張らなくてはいけませんね(*^▽^*)

 

⇒新卒で辞めたくなっても転職サイトに相談すれば大丈夫です。