新人男性看護師はこの1年どうだったのか?一緒に振り返ってみた。

MENU

新人男性看護師の1年を振り返りながらまとめたいと思います。

 

 

今回は、昨年に私のいる病棟に配属された新人男性看護師の1年を
振り返ってみようと思います。

 

こちらでは新人女性看護師の1年間を振り返ってみましたが、
新人男性看護師の1年は一体どうだったのか???

 

新人女性看護師は、看護師の業務的な部分で仕事が出来る系(?)
だったので、特別な問題はほとんどなく1年が過ぎましたが、
新人男性看護師には、なかなか大変な1年だったと思います。

 

こちらこちらの記事にも書いたことがありますが、
新人男性看護師自身にも多少の問題はあったかもしれませんが、
プリセプターや一部の看護師にも問題があったように私は思います。

 

というのも、結果的に・・・『新人に求めすぎ』って感じだったからです。
プリセプターを始め、一部の看護師はどこまでを求めていたのか?

 

新人なのに、即入が来たら「誰も手伝わないで」って言って、
全てを新人男性看護師にさせようとしたり・・・
行動計画を立てさせて、逐一報告がないと質問攻め・・・

 

などなど・・・。

 

指導っていうか、ほとんど監視状態だった時期もありました。

 

さすがに最後の方は新人男性看護師もある程度は認められて、
必要以上の負担はかかっていなかったようにも見えましたけど(^-^;。

 

で、ですね。

 

先日、その新人男性看護師と夜勤が一緒だったんです。
で、今回もストレートに聞いてみました。

 

「一年を振り返ってどうだった?」
「色んな先輩Nsに色々言われて大変だった?」
「ぶっちゃけ、看護師が嫌になったんじゃない?」 etc・・・。

 

すると、彼は・・・

 

「いや、僕が出来ないから仕方がないんです」って。

 

すかさず私は「新人なんだから、わからなくて当たり前、
出来なくて当たり前だよ」って。

 

それに対して彼は
「いや、僕が出来なさすぎなんです。」

 

そして、しばらくしてため息混じりに、
「ちゃんと出来るようになるんですかね…」って。

 

この一言に彼の全てが詰まっているように思えました。

 

彼自身は、プリセプターを始め、一部の看護師たちから色々と
言われ続けてきた為なのか、かなり自信なさげなんですね。

 

彼の言葉を勝手に代弁するとすれば、きっと・・・・

 

頑張っても頑張っても認めてもらえない。
自分はどうしたらいいんだろう?
自分はあとどれくらい頑張ったらいいんだろう?
看護師としてやっていけるんだろうか?

 

こんな感じなんだと思います、彼の心の中は。
でも、彼は本当によく頑張っていました。

 

何冊ものノートに勉強したことをまとめていたり、
気が付けば、誰よりも早くコール対応出来るようになったし、
患者さんにはとても優しく、言葉使いも丁寧です。

 

この一年間、新人であるということを忘れずに、
いつも謙虚でした。

 

私は彼のプリセプターではありませんが、
彼は何かと私を頼ってくれます。

 

彼から直接言われたのですが、分からない事があれば、
まずは私の姿を探すそうで、それは、「聞きやすいから」なんですって(笑)

 

プリセプターや他の一部のスタッフには聞きたくても聞けないそうです。
聞いたもんなら、「そんなことも分からないの!?」「調べてきたの?」で
終わって、タジタジしまうそうです(^-^;

 

そんな彼の気持ちはよくわかりますし、実際にそんな場面を何度も
見てきたので、そりゃ聞けないだろうな・・・って感じですよね。

 

ちなみに、私もお局級の看護師になっちゃっていますが、未だに
誰かに手を貸してほしい時は人を選びますからね(笑)

 

ここで考えられることは・・・・

 

そんな環境をつくってしまっているのは、実は
先輩である私たちの責任に因るところが大きいってことなんです・・・

 

プリセプターは、新人を育てていく上で大事な役割を担っていますが、
周りにいる看護師が新人に与える影響もかなり大きいということです。

 

私は若干の距離を置きながら新人を観察し、関わってきたわけですが、
新人男性看護師に対して出来たことってもっとあったはず・・・
ちょっと反省しています・・・(>_<)

 

今回、新人男性看護師と話して、つくづく
環境って大事だよなって感じました。

 

私は新人時代にまともな教育体制のない個人病院で育ちました。

 

人間関係はとても良くて、訊きたいことはすぐに聞ける環境でしたが、
必要な時に必要な部分の教育を受けることが出来なかったので、
しっかり教育体制の整った病院で新人時代を過ごしたかったなって
ずっと思っていました。

 

新人看護師時代って、ものすごい量の知識を吸収して、
ものすごい量の学びを得ることが出来る時代でもあると思います。

 

そして、その新人時代に培ったものは後々の看護師人生に
大きな影響をもたらすんですよね。

 

単純に言えば、新人時代をどう過ごしたかで
どんな看護師になっていくか?が決まってしまう気がします。

 

様々な意味で整った環境に身を置くことができると、まっすぐに成長し、
必要な知識や経験を積むことが出来るし、看護が楽しくなります。

 

知識や経験って自分を助けてくれるだけではなくて、
仕事にやりがいを持てるようになるし、本当に楽しくなるものです。

 

せっかく看護師という職業に就いたなら、やりがいをもって、
楽しく働けた方が絶対にいいと思うんですよね。

 

今回は新人男性看護師についてお話してきましたが・・・・

 

結局のところ、大事なのは身を置く環境ってことです!!(*^▽^*)

 

今回もまたまとまりない話になってしまいましたが、
今月から新人看護師が3人入ってきました!

 

1年後に笑っていてくれるように、陰ながら新人を育てていこうと
気持ちを新たにしたいと思います!!!

 

昨年の新人も今月からは先輩になりますが、
どういう動きを見せてくれるか楽しみです。

 

私も負けないように、優しく、時には厳しく
頑張って指導したいと思います♪

 

 

⇒新人時代はキツイ場に身を置くことも大事だと思います!