新人時代にはきっと誰もが通る様々に大きな壁が立ちはだかります。

MENU

新人時代で『キツイ』と感じ始める時期がありますよね。

一般的に新人の時代には様々なことが待ち受けています。

 

現場で働いていると、細かく考えれば『キツイこと』ってたくさんあります。

 

特に様々にキツイと感じるようになるのは、
夜勤が入ってくる6〜7月頃からでしょうか?

 

自分はいっぱいいっぱいなのに、次々にやらなきゃいけないことがある。
先輩看護師にも迷惑をかけちゃいけない!そうやってとにかく必死です。

 

慣れない夜勤で身体も疲れているうえに、精神的にもハチャメチャです。
今思えば『純粋なキツさ』を味わっていたのが新人時代だと思います。

 

私の新人時代は”教育体制のない環境”でした。
看護師の免許を取得して、始めて働いたのは【個人病院】でした。

 

お礼奉公というものがあって、新人だけど個人病院で看護師の仕事を
スタートしたわけです。

 

新人といえば右も左もわからないものですが、個人病院なので教育体制はなく、
今でいう“プリセプター”なんてものもなく、分からないことは自ら先輩に訊く、
そんな感じだったんですね。

 

始めに、仕事内容は教えてもらえますが、ある程度一連の業務を覚えたら
後は、ほとんど野放し状態でした。

 

しかし、新人といえど患者さんからみたら一人前の看護師です。
様々な責任が自分に降りかかってきます。

 

何をするのにも緊張しっぱなしだった記憶があります。
そんな中で、先輩とのやり取りが今になっても、幾つも頭に残っています。

 

先輩:「はい、これやって」  私の心の声:「教えてもらってないよ…」

 

 

先輩:「え?知らないの?」  私の心の声:「だってまだ新人だもん」

 

 

先輩:「前に教えなかった?」 私の心の声:「1回聞いただけだよ?」

 

 

先輩:「ちょっと遅すぎっ!」 私の心の声:「だって慣れていないもん」

 

 

先輩:「どうしてできないの?」私の心の声:「いっぺんに出来ない…」

 

 

先輩:「やる気あるの!?」  私の心の声:「 …。 もう無理…」

 

 

こんな感じで先輩との会話が繰り広げられることが多々ありましたよ。
患者さんの前でも、先輩の前でも緊張しっぱなしで、ホントにきつかったです。

 

また、自分の中でも「どうして覚えられないの」「どうして出来ないの」等と
毎日のように自問自答していました。

 

『私って看護師に向いていないのかな?』
って思うことも何度かありました。

 

処置も環境も全てがキツイ。それは新人だから仕方がないこと。

看護師の仕事は色々ありますが、新人の頃は何でも慣れていない状態なので、
導尿とか創部の消毒一つにしてもで「変にしちゃったらどうしよう」なんて
ひとつひとつの処置やケアでもビクビクしながらやっていた記憶があります。

 

それからもうひとつ、キツイといえば【ルートキープ】でしょうか?

 

血管に刺さった!という感覚が全く分からないので、
患者さんに何度も痛い思いをさせていましたね…。

 

こればかりは経験しないと上手くならないってわかっていましたが、
余計な痛みを与えている、そう思うだけで凹んでいました。

 

他には、知識をどんどん入れていかないと
患者さんの命に関わってくることも実際に生じてくる為、
慣れない新人の頃は業務と勉強に日々追われていたように
思います。

 

でも、勉強することはキツイと思わなかった気がします。
分からないことが分かるという“楽しさ”みたいなものがありましたね。

 

ここまで色々と書きましたが、
私が経験してきたキツイことを大雑把にまとめると…

 

*新人時代は仕事や環境に慣れていないから、あらゆることがキツイ。
*当たり前だけど、処置やケアも慣れていないためにキツイ。

 

こんな感じでしょうか?

 

細かいことを言えばまだまだたくさん出てきますが、これらのことが
いわゆる『新人時代の壁』なんじゃないかな〜と思います。

私の時代はお礼奉公が普通にありました。

 

お礼奉公を知らない看護師もいると思いますので、
簡単に説明しますね。

 

看護師を養成する制度として、お礼奉公というものがあります。
病院等に看護学生として働きながら看護師資格を取得する制度です。

 

この働きながら学校に行く、という間は一職員として働いているので、
普通にお給料がもらえます。

 

学校の費用を働いている病院が出してくれている
ということになります。

 

そして、看護師免許を取った後、お世話になった病院等で
何年間か勤務することで、学校の費用は免除される、
というような約束になっているんです。

 

これを世の中では「お礼奉公」と言っています。

 

昔は、働きながら看護学校に通うには
職場が病院じゃなければいけないってなっていましたが、
今は違うようです。

 

コンビニでバイトしてから看護学校に通う人もいるそうですし、
働かないで学校だけに通っている人もいるというような話も
聞いたことがあります。

 

時代は変わったんだな〜とつくづく思いますね。

 

⇒新人看護師が辞めたくなる理由ってこんなものがありませんか?

 

 

 

 

 

 

新人時代にはきっと誰もが通る様々に大きな壁が立ちはだかります。記事一覧

 

数年前の7月頃の話です。その時、私は超・超忙しい病棟で働いていたのですが、その病棟に勤務異動で入ってきた新卒の子がいました。裏の情報では、勤務異動の理由は『プリセプターと合わなかったから』。いったいどんな子が移動になってくるのか?プリセプターと合わないって、性格がきついから?それとも・・・?どっちかな?と色々想像したりしていました。そして、異動の日。何とも華奢でかわいらしい、優しそうな子でした。

 
 

新人看護師で限界を感じて数か月で辞めていく人がいると思います。今、私が働いている病院にも新人看護師がいるのですが、新人看護師の様子とプリセプターや他スタッフとの関係なども含めて、新人看護師の限界ってどの辺りで訪れるのか?一体何が原因となっているのか?この部分について想像を交えながら考えてみたいと思います。新人看護師といえば、必ずプリセプターが付くものですが、このプリセプターによって看護師の世界での...

 
 

新人看護師さんと一緒の夜勤も4回目になりました。始めは「新人なんてこんなもの」と思っていた私ですが、4回目ともなると見えてくることが結構あったりして・・・なので、新人看護師さんと一緒の4回目の夜勤での感じたことを正直に記していこうと思います。新人看護師さんは男性の方なのですが、何というか「気が付かない」んですね。プリセプターや周囲のスタッフ数人が話していたことがわかった気がした4回目の夜勤でしたね...

 
 

先日、1人の新人看護師から「ちょっといいですか?」と声がかかりました。何となく神妙な面持ちで・・・。「あら?何だろう?悩みごとの相談?」と思いながら話を聞くことにしました。(ちなみに、私はその新人看護師のプリセプターではありません。)少し深刻そうな面持ちで何を話すのかな?と思いながら、その新人看護師の話に耳を傾けました。新人の話は、このような内容でした。プリセプターを含めた数人でこの新人看護師の指...

 
 

新人看護師が入職して早くも5か月が経とうとしていますね。私の居る病棟には2人の新人看護師が配属されましたが、この2人は対照的でした。男性1人、女性1人の計2人なのですが・・・女性の新人看護師はテキパキと仕事をこなし、急変時もそれほど慌てる様子を見せることなく対応するくらいとても落ち着いた感じで日々業務をこなしています。初めてのレスピ患者を受け持った時も、アラームに動じることなく淡々と対応できていま...

 
 

新人看護師が入って早くも半年以上が経ちましたね。私のいる病棟には二人の新人看護師がいますが、評価が対照的でした。ひとりは何も言わなくても気がつき、何事にも動じず、淡々と仕事をこなす新人。もうひとりは、常に「この子大丈夫?」と心配され続けて、つい最近まで先輩看護師がついて行動調整が出来ているか?など逐一確認されながら仕事をしている新人。この新人看護師に関しては、プリセプター会議でも毎回のように話題に...

 
 

・・・おことわり・・・今日は愚痴全開のお話になってしまいそうです(^-^;さて、さて、お話を始めましょう。今いる病棟には仕事が早い看護師が数人います。私自身は仕事が遅いわけではないと思いますが、最近の患者層は何かと介助が多かったりするもので、残業になることがほとんどなのですが・・・。そんな患者層でも、仕事が早く終わっている看護師。どうして早いのか気になって、観察してみました。すると、悲しい事実が見...

 
 

最近、新人と一緒に夜勤をすることがありました。その時に彼女と話していたら「辞めたいんです」と一言(^-^;身近なナースで看護師を辞めたい人ってどれ位いるのかと思っていたら、新人看護師がそう思っていたんですね・・・。『でも、辞めれないんです』って。早速、『どうして?』って聞いてみました!私の職場は看護学校が附属であるのですが、彼女はうちの病院の看護学校上がりです。で、奨学金を利用していたそうです。こ...

 
 

昨年入職した新人看護師の2人ですが、早いもので1年が経ちました。新人看護師は男性1人、女性1人の計2名でしたが、全く違うタイプの2人でしたね。先日、女性の新人看護師と夜勤が一緒だったのですが、一年間を振り返ってどうだったか?訊いてみました。〜女性新人看護師の回答〜「1年間は本当に早かったですね。あっという間でした。去年の今頃はどこの病棟に配属されるのかな?誰と一緒なのかな?なんて考えていて・・・。...

 
 

今回は、昨年に私のいる病棟に配属された新人男性看護師の1年を振り返ってみようと思います。こちらでは新人女性看護師の1年間を振り返ってみましたが、新人男性看護師の1年は一体どうだったのか???新人女性看護師は、看護師の業務的な部分で仕事が出来る系(?)だったので、特別な問題はほとんどなく1年が過ぎましたが、新人男性看護師には、なかなか大変な1年だったと思います。こちらやこちらの記事にも書いたことがあ...

 
 

4月に入り、私のいる病棟には2人の新人看護師が配属されました。お決まりの新人看護師オリエンテーションを1週間受けて、今週から病棟に入ってきました。新人看護師ひとりひとりに、それぞれプリセプターがついて、始業開始時間前から、定時+αまで学んでいます。緊張した面持ちで、真剣なまなざしで、「しっかり覚えるぞっ!」というような気持ちがひしひしと伝わってきますね〜(*´▽`*)何をするにも初々しくていいもの...

 
 

4月に入職した新人看護師が頑張っていますよ〜!さて・・・看護師新人の転職理由の背景に目を向けてみようと思います。ポイントは『新人看護師=すべてが初体験』です。経験を積んだ看護師が新人看護師の動きを見て・・・、「こんなことも知らないの?」「こんなことも出来ないの?」「勉強してないんじゃないの?」「根拠をもって動いているの?」などなど、そんな声よく聞こえてきます。私がいる病棟の昨年の新人看護師約1名は...

 
 

今年度に入ってきた新人看護師は毎日プリセプターについて、少しずつ業務を覚えています。色んなことが初めてのことばかりで、頭の中だけでなく、精神的にも大変だと思います。それなのに…やっぱりか、ということが起こっています。昨年の新人看護師のプリセプターが新人に高いものを求めすぎるって話したことがありますが、今回のプリセプターも早くも新人看護師に求めすぎ!って思ってしまう気になる発言を最近小耳に挟みました...

 
 

新人看護師が夜勤に入るのっていつからでしょうかね?私の記憶では、通常であれば6月くらいから入っていたと思います。4〜5月で環境に慣れつつ、患者さんを覚え、業務を覚え・・・・ある程度病棟全体の動きが分かったところで夜勤に入るものだと思うのですが、私のいる病棟の新人看護師は違うんですよ(-_-;)。1人はもう既に夜勤メンバーとして動いています・・・えっ・・・( ゚Д゚)!!という感じですね、正直な所・...

 
 

国試に合格して、晴れて看護師の免許をとった暁には働く場所を決め、新人看護師として働き始めるわけですが・・・・この初めて働く場所って、その後の看護師人生に大きな影響があるなって最近はつくづく感じるようになりました。以前から私は、新人看護師が身を置く環境ってとても大事!と話しているのですが、最近もそれを痛感する出来事がありました。私が働く病棟に今年で3年目になる看護師がいるのですが・・・言葉が悪くなっ...

 
 

6月になり、新人看護師が辞めたくなる時期!?に入りましたね。新人看護師が業務をある程度覚えて、病棟の中での動きが分かってきた段階で夜勤にはいりますが、それが今の時期ですよね。私の今までの記憶では、大体の病院は6月か7月辺りから新人看護師にも夜勤がつけられていた気がします。夜勤はそこそこの病院で違うと思いますが、看護師3人でする所もあれば、看護師2人と看護助手や介護士、というところもあると思います。...