こういう看護師は辞めた方がいいのか!?体調不良を理由に・・・

MENU

こういう看護師がいます。体調不良を理由にいつも・・・

 

以前の職場でこういう看護師がいました。

 

 

【夜勤は来るけど、日勤になると体調不良を理由にお休みする】

 

一度や二度ならわかりますが、夜勤の後の日勤は
ほぼ100%お休みしていました。

 

それが一年近く続いていたので、「体調不良」という理由は
さずがに通用しないよな・・と最初は思っていました。

 

他のスタッフは・・・
 
『何考えているんだろうね』
 
『絶対に仮病だよ』
 
『居ても意味ないよね』

 

等と話していました。

 

確かに、ほぼ100%お休みするので、日勤者の人数が少ない時や
異常に忙しい勤務であると本当に困るんですよね。

 

どうしてそこまでお休みするんだろう?と気になったので、
その看護師と夜勤が一緒になった時に理由を聞いてみました。

 

そして、その理由は“更年期”でした。

 

なるほど・・・それは仕方がないな、と私は思いましたね。

 

そして、周囲のスタッフが自分に対して抱いている気持ちも知っていて、
「本当に申し訳ないとは思うんだけど、身体が動かなくて…」と
すまなそうに話してくれました。

 

そして、そのことも一種のストレスとなり、
症状を悪化させているようでした。

 

更年期は全く感じないでいく人もいれば、すごく重症な人もいますよね。

 

何かの本で見ましたが、婦人科の医者のよれば、
ホルモンバランスよりも本人の性格、更に夫婦仲や職場の環境など、
外的要因の方が強いと考えられている、って。

 

重症化すると寝込んでしまう人もいるようです。

 

よくお休みする看護師は50代手前で、子供もいて、その子供が
身体が弱くて、学校をよく休んでいたようです。

 

なので、自分の体調不良に加えて、子供が体調不良になると、
母親として看病をしなくてはいけないので、勤務できない。
幾つものストレスが更年期の症状を悪化させていたようですね。

 

そんなことが日々起こっていて、日勤はほぼ100%お休み…という
状況になっていたようです。

 

確かに、夜勤であれば、旦那さんが子供を見てくれるので
まだ何とか勤務できると思います。

 

自分の体調が悪くても、夜勤であれば毎回毎回忙しい
というわけでもなく、休憩時間も適度に撮れるので、
多分気合いで何とか乗り切っていたのでしょう。

 

この看護師の夜勤の後はほぼ100%お休みする、
という理由が良くわかりました。

 

しかし、問題なのはこの理由をスタッフ全員が知っているわけでもなく
この看護師の身体の状態を理解していなかった、ということです。

 

だから、私が辞める時でもまだこの看護師は陰で
「早くやめちゃえばいいのに」って言われ続けていました。

 

何だか、切ないですよね。

 

この看護師の状態を病棟内で周知したり、勤務調整をするとか、
もう少し病棟科長が動いていれば、この看護師のストレスを
軽減できただけでなく、病棟がもう少し円滑に動いたのでは
ないのかな?って思います。

 

私はこの看護師に話を聞いた後、数人には
彼女の状態を伝えましたが、”時すでに遅し”で

 

「今更そんなこと言ってもダメだよ」「自分で言わなきゃ」
という感じで、彼女はほとんどの看護師仲間から
陰口を言われ続けたようです。

 

そして、最近になってその看護師は辞めることを決めた
と風の噂で聞きました。

 

この次はどんな職場で働くのか?気になると事ではありますが、
自分の体調に合わせて働ける職場が見つかるといいな、と思います。

 

そして、上司も理解のある人に当たるといいな、って。

 

それにしても、更年期症状の悪化というのは、言い換えれば・・・
「職場を辞めたい気持ちが表面化している」と言えるのかもしれませんね。

 

⇒職場を変えたくなる理由は様々・・・職場を変えたくなる理由をまとめてみました。