准看護師で給料が低いと嘆く前に出来ることがあるのを知っていますか?

MENU

准看は正看よりも給料が低いけど、どれくらい差があるの?

 

准看護師は正看護に比べて、給料に数万円の差があったり、
昇進がしずらい為に給料も上がりにくいようです。

 

しかし、現実は准看護師と正看護師の仕事内容に差がある訳では
ありません。

 

それなのに【給料に差があるのはおかしい!】という
不満があると思います。

 

とある調査によると…
新人看護師時代での看護師と准看護師の平均月給の差は約6万円程。
40代以上では、その差が約7万円以上にまで広がっているそうです。

 

この差は、大きいですよね。

 

准看護師として働き続けることを決めている人が何とかして
給料アップを図る案っていうのはないものでしょうか?

准看護師が給料を上げるための秘策!?とは?

 

今後も准看護師のままで働きたいけど、正看護師との給料の差も
ちょっと引っかかる…そんな方に向けてお話をしたいと思います。

 

医療現場では”看護加算”というものがありますが
(病院と施設では捉え方がちょっと変わってくるのですが…)

 

医療現場においては准看では加算がとれなくなってしまうことがある為に、
現実問題として大規模な病院では准看護師を採用しない所が
多く見受けられると思います。

 

なので、あなたがもしも給料を上げたいと考えているのなら、
今の職場には准看が多くいるか?ということを考えてみてください。

 

准看が多く勤務している病院では、准看と正看の役割を区別することで、
准看と正看の働き方をしっかり考えてくれている為、働きやすい環境と
言えると思います。

 

更にそんな病院では、准看が主任や科長などになれる可能性も
あったりします。

 

現に私は准看護師が科長という病院で働いたことがありました。

 

ということは、上を目指して給与アップを図る!ということも
職場環境によっては現実的なものになってきます。

 

が、しかし・・・

 

長い目で見ると准看は正看に比べ役職に就きづらいのが現実です。

 

かなり前から准看護師養成を廃止しようとする動きも出ていますよね。

 

なので、本気でキャリアアップ・給与アップを望んでいるなら、
正看護師の資格取得も視野に入れなければいけないのかもしれません…

 

職場によっては、「昼は学校に通い、夜は夜勤」など、
働きながら資格取得の勉強ができるようにサポートしてくれる所
もあります。

 

 

准看を続けていくか?正看護師目指していくか?

 

准看でも給料アップの可能性がある秘策?と世の中の動きと
本気でキャリアアップしたいなら正看護師を目指す道しかない…と
お話ししましたが…

 

働きながら学校に通うって本当に大変ですし、家庭がある方は
家族の協力が不可欠になってきますよね。

 

なので、そんな様々な事情で【やっぱり准看を続けていく】
いう方もいると思います。

 

でも、何とか現状を変えたい!と望むのであれば、
准看護師に向いている准看護師にあったかい職場を探してみるのが
いいかもしれません。

 

しかし、いざ求人を探してみると、准看募集の職場が少なかったり
准看護師の割合や正看と比べた場合の業務量などは、
求人情報には書かれていないことがほとんどだと思います。

 

実際に入職してみて「違った」「失敗した」となってしまう可能性が高く、
自力で求人を見つけることって結構至難の業だと思います。

 

そんな時に役立つと思うのがで転職支援サービスですね。

 

ハローワーク等で見られる求人票には載っていない
詳しい内部情報を把握しているところが結構あるようです。

 

正・准看護師の比率や基本給・手当の額も把握しているそうなので、
今の給与と比べてみてアップする可能性がある職場を見つけられるかも
しれませんね。

 

准看護師を続けていく上で、現状に何らかの行き詰まりを感じたら、
一度転職支援サービスに相談してみるのもいいかと思います。

 

登録も利用も無料なので、気軽に利用できるのではないかと思います。

 

【看護のお仕事】【ナース人材バンク】ではお悩み相談を
受け付けてくれたりしているサービスもあります。

 

まずは自分の悩みを打ち明けることから行動を起こしてみることで
明るい道が開けてくるかもしれません。

 

 

⇒実体験をもとに看護師転職サイトに独自のランキングをつけました!

 

 

 

准看護師で給料が低いと嘆く前に出来ることがあるのを知っていますか?関連ページ

准看護師に対する世間の目
准看護師から正看護師へ!給料は・・・