看護師不足・・。人員不足だと医療事故が起こるのは必然かも!?

MENU

看護師が不足していると医療事故が起こるのは当たり前!?

 

看護師不足の病院で働いたことはありますか?

 

私はありました。

 

看護師不足の病院はどんな感じかと言うと・・・
いつも業務に追われて、夜勤は月に10回以上。

 

思うように休みは取れなくて、連休なんて数か月に1回。

 

夜勤明けの休みとかで、丸一日の休みがほとんどないので、
疲れが取れないままに次の勤務がきてしまう。

 

日勤は朝早くから夜遅くまで・・・。
サービス残業の嵐でクタクタなのに、また朝が来たら勤務。

 

そんな日々の繰り返しで身も心も荒んできます。

 

もちろん自分一人がそうなわけじゃなくて、病棟スタッフ全員が
そんな状況に陥っていて、時にはみんなイラついていたり
病棟全体の空気がどんよりしていたりします。

 

ただ、人間関係の良好な病棟では疲れ果てていても
何とかみんなでカバーし合い、それなりに頑張れるものの、
見えない所でみんなが疲れてるんですよね。

 

 

疲れていると何が起こるのか?

 

 

それは医療事故。
ヒヤリハットに始まり、インシデントアクシデント・・・。

 

ヒヤリハットもインシデントもアクシデントも、
医療事故なんて絶対に起こしたくないし、起こしちゃいけない。

 

分かっているけど、身も心も荒んで、疲れ果てた状態は
とっても危険なんですよね。

 

集中力に欠けるし、判断力も鈍ってしまう。
観察力も落ちて、最悪ヤル気すら奪われます。

 

看護師の仕事は命を扱う仕事なので、
ちょっとしたミスが命に関わったりすることもありますよね。

 

特に内服薬や注射など薬剤関係は本当に怖いですね。

 

ちょっと話がズレますが・・・

 

新人看護師が起こしたミスで薬剤関係のものが
あったのですが、こちらの心臓も止まりそうに
なったことがありました。

 

検査中にショックを起こした患者さんがいて、
医師が「ノルアド1回言って」って指示を出したんです。

 

新人看護師は知識がなかったのもあって
ノルアド1Aを一気に静注したんですよ・・・。

 

当たり前のように血圧は急上昇し250/台まで上がり、
心拍数も150を超え・・・・・

 

すぐに対処して患者やさんは大事には至らなかったのですが、
下手すると心破裂や脳出血を起こしていたかもしれませんね。

 

あの時は自分がミスしたわけではありませんでしたが、
目の前が真っ暗になりました。

 

薬って本当にこわいなって痛感した医療ミスでしたね。

 

医療事故はもちろんですが、ヒヤリハットでさえ
何度も続くと精神的にやられてきます。

 

ヒヤリハットやインシデント、アクシデントは
人が潤っていれば絶対に起きないとは言えませんが、
状況的に起こる確率は減ると思います。

 

やっぱり【余裕がない】ってダメですよね。

 

看護師不足の病院で何度か働いて
身をもって体験してきたので、本当にそう思います。

 

看護師不足の病院に身を置いていると、
もしかしたらそのうちに看護師が出来なくなってしまうかも?
という不安がよぎったりするものです。
 
そうなる前に・・・・

 

今、自分がいる環境はどうなのか?
安全なのか?そうじゃないのか?

 

 

もしも看護師不足で業務に追われていたり、
肉体的にも精神的にもキツイと感じているようなら
安全な環境に身を移すことを考えた方が自分の為、だと思います。

 

『自分の事』をしっかり考えて、
看護師を続けていける場所を探すべきだと思います。

 

 

⇒環境を変えたい!と思ったら看護師転職サイトで情報収集から始めてみる。

 

 

 

看護師不足・・。人員不足だと医療事故が起こるのは必然かも!?関連ページ

医療事故を起こす背景
背景と事故が起こる理由
インシデントレポート
アクシデントを起こしたのは私!?