男性看護師の卵!看護学生の実習に男性が2人きています。

MENU

看護学生2年生が実習に来ています。その中に男性が2人も!

 

今年2回目の看護学生さんの実習生が来ています。

 

今回は2年生で”看護”に突っ込んだ内容ではなく、
主に、大まかな基礎看護を学ぶ為に来ているようです。

 

実習生の中に、男性が2名もいました。

 

2人とも見るからに優しそうな男の子で、礼儀正しく「可愛いです^^」

 

まだ実習に来て4日しか経っていないので、あいさつ程度しか
言葉を交わしていませんが、来週あたりに
【どうして看護師になろうと思ったの?】って聞いてみようと思います。

 

今までの経験上「親が看護師だったから」との答えが返ってきそうですが、
毎回、男の子の看護学生さんがくるとどうしてこの道を選んだのか?
気になってしまうんですよね〜。

 

もちろん、女の子の実習生にも同じことを聞いたりしますが、
こちらも「親が看護師だったから」という理由が断トツに多いです。

 

勝手なイメージですが、男の子なら救急救命士とかリハとか
そっち方面を目指す人が多いような気もしますが、看護師の魅力を
知ってしまうと『看護師になりたい!』って思ってくれるのでしょうね。

 

どんな仕事にも魅力がありますが、看護の世界を知ってしまうと
やっぱり、看護師ってステキな仕事だな〜って思っちゃいます。

 

男の子の目線で、男の子の感性で、出来るだけ楽しい看護実習を
していってほしいな…って思います。

 

その為には…やっぱり現場にいる私たちがしっかり指導を
していく必要があると思います。

 

看護実習を有意義に出来るかは【病棟スタッフと実習指導者】に
かかっていると言っても過言ではありませんからね・・・

 

お互いに頑張らなきゃ!!ですね。

 

⇒夜勤がキツいのは組む相手が原因かもしれません・・・

 

 

男性看護師は今後も増えてくることでしょう!

男の子との看護学生さんの話をしたところで、次いでに
現場での男性看護師について書いてみようと思います。

 

 

現在の職場には男性看護師はほとんど見かけませんが、
以前の職場には一つの病棟に1〜2名の男性看護師がいました。

 

 

現在、男性看護師は看護師全体の5%前後とも言われているそうですが、、
「手に職をつけたい」と考える男性が増えてきている中で、
看護師免許の取得を考えている男性は増加傾向にあるようですね。

 

 

実際の現場での男性看護師は私はとても頼もしく映っています。

 

基本的に男性は“優しい”ですね。

 

 

患者さんに対する対応は冷静で優しく、穏やかな印象です。
そんな男性看護師のファンになってしまう患者さんが多くいましたね

 

もちろんスタッフに対しても優しいです。
時に優しすぎて頼りにならない男性看護師がいることもありますけど…

 

 

「看護は女性の仕事」という考えを持つスタッフもいるかもしれませんが、
今の時代はそうではないでしょうね。

 

 

しかし、現場の状況としては、男性看護師への理解がまだ少なく、
男性看護師をめぐる環境には多くの課題があるといえるかもしれません。

 

 

それでも性看護師の活躍の場は広がりを見せる傾向にあり、
一般病院や施設などでもその数は増えています。

 

特に(何かと”力”が必要な)精神科では
男性看護師は活躍してくれるようです。

 

これからの時代はもっともっと男性看護師が増えて、
もっともっと活躍してくれることでしょうね。