医師会の学生と病院付属の看護学生が一緒に看護実習に来ています。

MENU

医師会の看護学生と病院付属の看護学生では見られ方が…!?

 

今週から医師会の看護学生と病院付属の看護学生が看護実習に来ています。

 

医師会の学生は日常生活の援助を主に学びに来ているので、
受け持ち患者さんのおむつ交換や入浴介助に私たちと一緒に入っています。

 

付属の学生も、同じような実習内容です。

 

それなのに、何故か待遇が違うというか…
医師会と付属の学生、それぞれに看護師から持たれているイメージが
違うような気がするのは私だけなんでしょうか?

 

医師会の学生は「出来が良くない」
付属の学生は「出来がいい」

 

そんな風に見ている看護師が結構いるような気がします。

 

私は医師会上がりでもあるので、そんな偏見の目に敏感なのかもしれませんが、
何となく「〜は医師会だから仕方がないよね」とか「医師会だから…」
いうような言葉を結構耳にしたりします。

 

でも、それって失礼ですよね。

 

確かに医師会と正看護師を目指している学校の学習内容には違いがあります。
深さが違うんですよね。

 

でもでも、看護師になりたいという気持ちをもって頑張っているのは、
どちらの学生も一緒だと思うんです。

 

それを単純に「医師会だから」と偏見の目をもって接するのは
良くないと思います。

 

時々、そんな場面にあったら「でも医師会の学生も頑張っているよね」と
こっそりエールを送っていますが、偏見の目はなくならないのが現状です。

 

十人十色とは言いますが、学生のやる気を削ぐような看護師には
絶対になりたくないな…と思う今日この頃です。

 

『人の振り見て我が振り直せ』

 

ではありませんが、”なりたくないな”という思いを抱く看護師に出会ったら
その時の思いを忘れないようにしています。

 

そして、絶対にそんな看護師にならない!そう誓って、意識するように
努力しています。

 

看護師さんは、やっぱり誰にでも優しくなきゃいけませんよね!

 

 

⇒看護師のやりがいって?こんなことがありました。