看護学生に関することを載せていきます。看護学生時代を忘れない。

MENU

看護師には誰でも看護学生の時代があった。なのに・・・

看護師になる為には看護学校に通います。

 

進路としては、高校に衛生看護科があれば19歳で看護師に。
高卒後に3年生の看護学校に通う人もいれば、医師会に進む人も。
医師会卒業後進学して2〜3年学んで、看護師になる人も。

 

年齢や進む道によって違いはありますが、

 

看護師を目指したなら、必ず看護学生の時代があります。 

 

看護学生時代には『看護実習』があって、そこで様々な経験を
すると思います。

 

人によっては、辛い実習であったり、人によっては楽しかったり…

 

誰もが通ってきた道が『看護実習』だと思います。

 

それをいつの間にか忘れてしまっている自分がいませんか?

 

私が勤務している病院は看護学校が付属であるので、
毎年必ず看護学生の2年・3年生が『看護実習』にやってきます。

 

その時に目にする、耳にすること。

 

気になる看護師の態度

 

そんな看護学生(看護実習)に関することをチラホラと
ここでお話していきたいと思います。

 

看護学生さんにも現役看護師にも響く内容のお話を
お届けできたらいいな、と思います。

 

☆看護師も人間。

 

☆看護師も看護学生だった

 

この2つがキーポイントになりそうですね。

 

看護学生に関することを載せていきます。看護学生時代を忘れない。記事一覧

 

看護学校といえば実習がメインですよね。私は医師会の2年生の時と、進学して3年生の時に実習がありました。今きている看護学生さんは、2年生と3年生ですが、昨日、自分の部屋持ちの患者さんの中の4人が看護学生さん2人の受け持ちさんだったので、数年ぶりに学生さんと関わりました。看護学生さんは、ADL全介助の人とほぼ自立の人の計2人を1人で持つ形でした。主に生活の援助に関して、私と一緒に実際に関わってきます。...

 
 

私は自分の看護を振り返るよいい機会にもなると思うので、看護学生さんが実習に来るのは大歓迎なのですが、看護学生が嫌いな看護師がいるのも事実です。確かに、看護学生さんがつくと、自分の仕事は後回しにしてまで学生さんについていなければならなかったりするので、大体は自分の仕事が回らなくなり、記録が残り、残業になることがほとんどです。ちなみに、昨日の私も残業2時間でした…しかし、それは若い看護師を育てていく上...

 
 

私の職場には看護学校が付属していて、2年生と3年生が実習に来ています。そして、つい先月まで看護学生の3年生が実習に来ていました。その看護実習の指導にあたっていた看護師がつぶやいていたことをここでこっそりお話しますね。女の子が6人と男の子が1人の計7人が看護実習にきていました。私が傍から見ているととても初々しくて、一生懸命な姿が懐かしくもあり、自分の看護学生時代とかぶったりしていましたが、実習指導N...

 
 

年が明けて、「あら?学生さん?」と思ったら、看護学生の1名が看護実習の補習?に来ていました。その看護学生さんは気が優しすぎて?、患者さんと積極的な関わりが出来なかったようで、評価の結果、補習になったようです。レポートでも「○○と思っていましたが〜が出来ませんでした」というような感じで書かれていたようです。そんな看護学生さんですが、今回の補習実習では頑張っていました!少し顔を赤らめながら、受け持ち患...

 
 

今週から医師会の看護学生と病院付属の看護学生が看護実習に来ています。医師会の学生は日常生活の援助を主に学びに来ているので、受け持ち患者さんのおむつ交換や入浴介助に私たちと一緒に入っています。付属の学生も、同じような実習内容です。それなのに、何故か待遇が違うというか…医師会と付属の学生、それぞれに看護師から持たれているイメージが違うような気がするのは私だけなんでしょうか?医師会の学生は「出来が良くな...

 
 

今年2回目の看護学生さんの実習生が来ています。今回は2年生で”看護”に突っ込んだ内容ではなく、主に、大まかな基礎看護を学ぶ為に来ているようです。実習生の中に、男性が2名もいました。2人とも見るからに優しそうな男の子で、礼儀正しく「可愛いです^^」まだ実習に来て4日しか経っていないので、あいさつ程度しか言葉を交わしていませんが、来週あたりに【どうして看護師になろうと思ったの?】って聞いてみようと思い...

 
 

昨年に私のいる病棟に看護実習に来ていた看護学生さん。その中の看護学生さんが看護師国家試験に見事合格されて、新人看護師として私のいる病棟に戻ってきました^^2名配属されたのですが、そのうち一人は『男子』です。なんというか、初々しいですよね〜(*'▽')基本的に(女性の看護師よりも)男性看護師って優しいと思うのですが、今回配属されてきた新人看護師君もおっとりとした雰囲気でいい感じです。頼りになるか?と...

 
 

私が勤務している病院は看護学校が付属しているのですが、今は看護実習ラッシュ?です。准看護師を目指している医師会からの看護学生と正看護師を目指している学生と合計10名ほどが病棟に溢れており、「あれ?スタッフ増えた?」というような錯覚にすら陥りますね(笑)医師会の基礎実習では、基礎看護ということで療養上の世話の一部であるオムツ交換や清拭、清潔の援助などを主に学んでいます。正看護師を目指す学生もほぼ同様...

 
 

9月に入ると、またまた看護学生達が看護実習にやってきます。前回6〜7月の看護実習では、医師会(准看護師)とストレート(正看護師)が来ましたが、その時の振り返りを指導者会議で行いました。多くの看護師の間では、「医師会はダメだよね」というような偏見の目で見られがちで、単純に医師会の方が学びが浅いように思われがちなのですが・・・。6〜7月に来ていた学生達を比べると、医師会が勝っていました。ストレートの学...

 
 

私が看護学生だった20年ほど前にはありませんでしたが、今の時代の看護学生達には、インシデントレポートを書くということが当たり前のようですね。先日、一体どんなものが出ているのか?見てみましたが、【車椅子へのトランスを看護師の見守りがないのにやってしまった】【指導者に報告を忘れてしまった、しなかった】というようなものが大半でした。看護実習は大体2週間から3週間をかけて行われていますが、この期間内に、多...

 
 

今回は看護学生のインシデントやアクシデントその@について書いてみたいと思います。私が現在勤務している病院は、看護学校が附属している為、定期的に看護学生が実習にやって来ます。そんな中で、今まで起こったインシデントをまとめた資料があるのですが、その内容を見ながらちょっと振り返ってみようと思います。看護師もそうかもしれませんが、看護学生の中で結構あるのが「転倒・転落に関すること」ですね。*センサーマット...

 
 

今回は、今どきの看護学生についてのお話をしたいと思います。私は以前病院で働いていた時に、臨床指導の委員でした。この委員会では、看護学生の看護実習において、指導する看護師の話を聞いたり、悩みを拾い上げたり、看護学生の実習の様子を把握して、問題点はないかなどを話し合ったりするものでした。そのほかにも指導者となる看護師に向けての研修を開き、看護学生を分析し、指導者はどう指導していけばいいのか?などをみん...