日勤も夜勤も残業続き・・・その原因は看護師不足にあるのかも?

MENU

看護師の仕事で残業となる理由はいくつかありますが、私の所は・・・

 

看護師の仕事で残業ってつきものですよね。

 

時々残業となる程度なら何も言いませんが、毎日2〜3時間も残業となると
さすがに「いや〜〜〜っ!」ってなっちゃいます(笑)

 

私が勤務している病棟は、最近の残業時間が半端ないです。

 

日勤であれば毎日のように2時間程度、
さらに夜勤でも1〜2時間の残業・・・。

 

どうなっちゃっているのでしょう?

 

以前であれば残業なんて全くなくて、逆に定時前に終わっちゃって
のんびり患者さんとお話する時間があるくらい余裕な勤務でした。

 

それなのに、この残業続きは何なのでしょうか?

 

ということで、どうして残業が増えてしまったのか?
残業となってしまう日が続くのか?考えてみました。

 

答えは単純でした。

 

看護師不足。

 

この一言に付きます。

 

私が転職した当時は看護基準がしっかりと7:1でまわっていました。
(もしかすると5:1位の手厚い看護が繰り広げられていました気がします)

 

それが、今では7:1なんて出来ていず、10:1位な状態です。

 

更にフリー業務の看護師もいない日が多く、
部屋持ちと入院、即入、転階の患者さんを
一手に引き受けなければならず、地獄を見ます・・・

 

そういえば気が付けばどんどん人が辞めていって
今ではギリギリの人数でまわっている状態です。

 

なので、急な休みが出た時は悲惨ですよ。
看護基準が15:1になっている気がします。

 

更には・・・
師長が!入浴介助や部屋持ちをしています(笑)
 
本当にひどいです。

 

もっと驚きなのが、病院全体が看護師不足かと思いきや
そうではなくて、私のいる病棟が一番看護師不足でなだけで、
他の病棟はそれなりに潤っているらしいです。

 

そして、潤いすぎて残業が全くない病棟や
夜勤を4人でまわしている病棟もあるそうです。

 

どういうことか?というと・・・

 

師長が強い病棟は新入職員が入ってくると
我先にと奪ってしまうようです。

 

なので、色んな意味で強い師長の病棟は看護師不足とは無縁で
余裕のある業務体制をとっているようです。

 

これもまたおかしな話ですよね。

 

それにしても・・
何年か経つとその職場の良い所、悪い所が
明確になってきますね。

 

良い部分がとっても大きくて、いくつもの悪い部分より
勝っていればずっと勤め続けられますが、もしも、
悪い部分が勝ってしまった時・・・

 

転職を考えてしまうのは私だけでしょうか・・・

 

 

⇒看護師不足なのに看護師が余る時代がやってくるって本当!?

 

 

日勤も夜勤も残業続き・・・その原因は看護師不足にあるのかも?関連ページ

独身看護師の悩みの一つ
看護師と残業手当について
時間外と手当に対する思い・・・