サービス残業は当たり前!?独身看護師は上手く使われて残業の嵐。

MENU

サービス残業は独身者なら当たり前!?あなたは大丈夫ですか?

 

独身時代は何かと自由な時間があると思われがちです。

 

そして、それがいつしか『独身者は残業をしても大丈夫』という
間違った解釈に陥っている気がします。

 

確かに、既婚者や子育て世代に比べると自由な時間があるのは事実ですが、
習い事とか、自分磨きとか、独身時代にしかできないこともありませんか?

 

“看護師の仕事に人生を捧げる”

 

そう思っている人がいれば本望かもしれませんが、
多くの人は、仕事とプライベートを分けて考えていると思います。

 

なので「毎日残業」ではやる気さえ失ってしまう結果につながりかねない
と思います。

 

しかし、実際の現場の雰囲気というものは、定時に終わりそうもないと
独身の人に「今日残れる?」なんて言葉がかかります。

 

時には、勤務前から科長と主任の間で
 
「〇〇さんはひとり(独身)だから、遅くなっても大丈夫じゃない?」
「そうだね、ココの部屋遅くなりそうだからつけちゃおうか」

 

そんなふうに決められてしまうことが結構あるんです。

 

もちろん、その〇〇さんには聞こえないところでです。

 

こんな風にして独身者は残業の嵐です。

 

労働基準法では、残業時間には「時間外労働の限度に関する基準」が
定められています。

 

(以下、『時間外労働の限度に関する基準』について抜粋してみました。)

 

 

 

この表でいうと、【ひと月の残業は45時間を超えないこと】と受け取れますが、
実際の現場ってどうでしょうか?

 

私の場合は月60時間〜それ以上…ということが結構ありました。

 

職場によっても違うと思いますが・・・独身者=残業が多い 
ということはどこの病院でも変わらない気がします。

 

更に残業代が出ないという病院が存在するのも事実ではないでしょうか?
いわゆる“サービス残業”というやつですよね。

 

「自由な時間を奪われたうえに、相当の賃金も支払われない」

 

これは実際にはあってはならないことだと思います。
 
それから・・・
上司の中には、残業をさせやすいのは「独身の看護師」という
頭を持っている人が結構多くいますが、残業は独身だけじゃありませんよね?

 

既婚者だって、子育て中だって、看護師である以上残業はついて回ります。

 

避けたくても避けられない残業・・・・

 

でも、きちんと残業手当がでて、頑張って働いていることを認めてくれたなら
残業に対する見方も変わってくるとは思うのですが・・・

 

 
⇒時間外が多すぎる病院から抜け出す!転職を考え始めたら・・・是非活用♪
 
 
 

サービス残業は当たり前!?独身看護師は上手く使われて残業の嵐。記事一覧

 

独身時代はとにかく病院にいたような気がします。経験が浅い頃は、自分の能力が足りないので、時間内に仕事が終わらないのは仕方がないか…と思っていました。それが、ある程度経験を積んで仕事もそれなりに出来るようになってきても気がつけば残業・・・。それはには以下のような理由があります。経験が上がるとともに任される仕事も多くなったり、後輩への指導役が回ってきます。後輩が残っているうちは自分も現場に残って指導を...

 
 

看護師と残業・・・世の中には残業の嵐的な職業がありますが、看護師も残業は避けて通れない職業です。朝は業務開始時間前に出勤して(ある意味残業?)、情報収集集や準備をして、勤務終了時間後は記録に勤しむ…業務だけならまだいいのですが、委員会活動や看護研究、チーム会や新人指導等々、とにかく残業がついて回ります。私は今までに、国立病院、大学病院、民間の中〜大規模病院、個人病院での勤務経験がありますが、残業手...

 
 

看護師の仕事で残業ってつきものですよね。時々残業となる程度なら何も言いませんが、毎日2〜3時間も残業となるとさすがに「いや〜〜〜っ!」ってなっちゃいます(笑)私が勤務している病棟は、最近の残業時間が半端ないです。日勤であれば毎日のように2時間程度、さらに夜勤でも1〜2時間の残業・・・。どうなっちゃっているのでしょう?以前であれば残業なんて全くなくて、逆に定時前に終わっちゃってのんびり患者さんとお話...

 
 

看護師歴20年近くの私は残業のない病院で働いたことがありません。残業には就業時間後の時間外勤務を指しますが、私の中では、就業前の時間外勤務も「残業」と思っています(^-^;病棟勤務であれば、就業時間5〜10分前に来ているようでは全く持って動けないじゃないですか?(ーー;)患者さんの情報収集をしておかないと、自分がスムーズに動けないどころか、下手すると患者さんに迷惑がかかることも無きにしも非ず・・・...