急変時の対応って毎回緊張!2年前に救急看護の講義を受けて・・・

MENU

急変時ってやっぱり焦る!?2年前に救急看護の講義を受けましたが…

看護師の仕事で一番緊張(焦る)するのが『急変時』じゃないでしょうか??

 

 

まぁ、怖いドクターや先輩との関わりもドキドキするかもしれませんが、

 

ここでは急変時の対応に関して記していこうと思います。

 

 

急変といえば、出来れば夜勤中には当たりたくないというのが本音だと

 

思いますが、多くは人数の少ない夜勤中に当たりますよね(^-^;

 

 

急変時って1分1秒を争いますら、自分の対応の遅れ一つで

 

その患者さんの予後が決まってしまうと思うとやっぱり怖いですよね。

 

 

 

急変した患者さんを発見した時に、何をどうして、どう対処していくか?

 

これが普段からイメージできていないと動くことが出来ないと思います。

 

 

 

私は年数だけでいけばベテラン看護師の域に達しているといえますが、

 

急変に当たったことって数える程度しかありません・・・。

 

 

なので、時々当たってしまうとやっぱり焦ります…
(もちろん、冷静に対応している風を演じていますけど(^-^;)

 

 

で、いつ急変に当たっても本当の意味で冷静に対応できるようにしたくて、

 

院内で行われている勉強会や業者さんが開いてくれる勉強会、

 

看護雑誌や医療関係者向けの業者さんが開いてくれている講演など、

 

出来る限り参加できるものには参加してきました。

 

 

 

そんな中で、数年前に受けた【救急看護と急変処置】に関する講義

 

とてもわかりやすく、身になったのでちょっとお話したいと思います。

 

救急看護と急変処置について講義を受けた時の話。

2年ほど前「救急看護と急変処置」というテーマのセミナーを受けました。

 

”医学の友社”(http://www.igakunotomo.com/)”が主催でした。

 

 

講師は氏家良人先生というかなり有名な教授でした。

 

 

受講費は確か15000円くらいだったと思いますが、

 

一冊のテキストがあり、それをもとにして講義が進んでいきました。

 

 

テキストはこんな感じでした。

 

計86ページと結構ボリュームのあるもので、中身もいい感じでした。

 

 

 

 

この講義を受けるまでは、【10秒以内に脈・呼吸の有無を確認する】

 

という知識でした。

 

 

しかし、10秒以内に脈を確認できるというエビデンスはないそうで、

 

脈を確認するには20~24秒かかるそうです。

 

 

なので、倒れている患者さん(人)を見つけたら・・・

 

痛み刺激を与えてJCS300ならすぐにCPRを開始すべき!ということでした。

 

 

 

呼吸の有無の確認も、学生時代からずっと【見て・聞いて・感じて】と

 

習ってそれに従っていましたが・・・・

 

胸の上がりがあるかどうかを見る程度でOKだそうです。

 

 

 

一昔前は、胸骨圧迫+人工呼吸でしたが、ガイドラインが変わりましたよね。

 

人工呼吸は可能であれば行う、となっていて、必須じゃなくなっています。

 

 

確かに、安静時の酸素消費量は300ml程度なので、身体に1L程の酸素が

 

残っていると仮定すると、まずは胸骨圧迫をして循環を保つ方が先決と

 

いうことが理解できますよね。

 

 

 

ちなみに、余談ですが・・・

 

胸骨圧迫を正確に行うと血圧は60〜80を保ち、

 

心拍出量は正常の3分の1~4分の1程度確保されるって何かの参考書に

 

載っていました。

 

 

 

それから、胸骨圧迫では5pほど沈むくらい押すって言われていますが、

 

氏家先生は「とにかく強く押す」って話していましたよ。

 

 

それからそれから・・・

 

今の時代は心臓マッサージって言わなくて、【胸骨圧迫】と表現するように

 

なっているので、そこも気をつけたいところですね。

 

 

つい「心マ」って言っちゃいますから…(^-^;

 

 

長々と書いてしまいましたが、この講義はとても為になるものでしたね。

 

 

氏家先生は、講義内容もわかりやすく、親しみやすくて、

 

このセミナーは受けて大正解だったと思います。

 

 

看護師って日々勉強が必要ですが、時には勉強方法を変えて

 

こういったセミナーで学ぶのもいいなって思いましたね。

 

 

ただ、時には「ハズレ」のセミナーもあるので何とも言えませんが(^-^;

 

 

 

⇒教育環境の整った病院って?探すなら看護師転職サイトを利用しませんか?

急変時の対応って毎回緊張!2年前に救急看護の講義を受けて・・・関連ページ

託児所完備の病院と看護師
家族を在宅で、と考えない人たち
AEDについて思うこと
GI療法と高カリウム血症
ひどい医者シリーズ@
ステルベン・・・今年の私はツイている?
看護師仲間の結婚ラッシュ!?
看護師の前に人間ですから…
看護師とタバコについて
【看護師転職時期】ボーナスが鍵
看護業務以外は避けて通りたい
看護師人生で最悪なボーナス2回目
看護師不足が自分の身に・・・
職場のコスト管理って?
献血で新人看護師時の初心に!?
看護師の上を行く!?医者たち
看護師が余る時代ってくる?こない?
看護師がステルベンで思うこと
看護業務以外の業務が嫌です・・
24時間テレビで思い出しました。
残業が少ない看護師って?
インフォームドコンセントって・・・
患者さんとタバコと看護師と。
看護師の転職について考えてみた
看護師といえば怖い話!?
看護師間の申し送りって・・
「慣れ」って怖いと思う出来事
看護業務以外の業務って・・
同じ所で働いていると・・・
看護師と参考書のお話。
今年もボーナスがまさかの!?
有給休暇はとれていますか?
片付け出来ない看護師がいる!?
こんな医者が大嫌いです。
看護師としてのモチベーション低下中・・
「ナースのお仕事」を観ました♪
ボーナス激減で転職意欲が高まる。
転職中のぼやき
GI療法は高血糖の治療!?
あの医者の患者さんが・・・
看護師の転職理由は環境が・・
看護師不足で転職意識が高まる
新人看護師の初めての職場は・・
看護師転職は悪じゃない
「辞めたい!」は「辞めない!?」
看護師が辞める時期は・・・
ボーナス後退職!出る?ボーナス・・
転職の度に言われるセリフ
看護師2年目の子に・・・。
旦那の転勤って退職に好都合!
こんな看護師長をどう思う?
40代施設勤務看護師のボーナス
看護師の人間関係って。
看護師新人は出来ない?それは・・
夜勤生活を振り返ってみました。