GI療法は久しぶり。K値が8.4!!心臓はゆっくり止まる方向に!?

MENU

GI療法って?高カリウム血症はやっぱり怖いですよね・・・

 

 

先週の話です。

 

救急当番病院だったので、どんな入院が入ってくるのか?と
夜勤中はドキドキでしたが…。

 

きました!『徐脈』の患者さんが。

 

救外受診時の情報で「徐脈」「意識障害」ということだったので、
また完全AVBかなんかでしょう…?と思っていましたが、

 

採血の結果でカリウム値が8.4!!

 

うわっ、高カリウム血症による徐脈だったんですね。

 

ちなみに、高カリウム血症では心臓はゆっくりとなり(徐脈)、
低カリウム血症ではザワザワ(致死的不整脈出現の注意)しますよね!

 

で、すかさずTPM挿入の為にカテ室へ向かい、挿入後に病棟へ。
そして、GI療法となったわけです。

 

ちなみにGI療法とは…高濃度のブドウ糖+インシュリンを使用しますが、
カリウムを下げるのに何故にインシュリン?って昔は思っていました。

 

 

GI療法を解説すると…

 

インシュリンは血中のグルコース(ブドウ糖)を細胞内に取り込んで
血糖値を下げます。

 

この時にグルコース(ブドウ糖)と血清中のカリウムはくっついて
細胞内に移動します。

 

ならば、インシュリンを使えば、血清中のカリウムを下げることが出来る!
という考えがGI療法の始まりだったんだろうと思われます勝手に想像しています(^-^;。

 

ただ、体内のグルコース(ブドウ糖)の量は約300gで、
健康な人であれば、空腹時の血糖値が70〜109mg/dl前後です。

 

ということを踏まえた上で考えてみましょう。

 

インシュリン1単位で下がる血糖値といえば、15〜16r/dl、
大きく見積もると40r/dl程、というお話を小耳に挟んだことがあるので

 

GI療法で使用するインシュリン量・・・10単位を例に挙げてみましょう。

 

グルコース(ブドウ糖)を補わない状態でインシュリンを10単位使う
となると、1単位15〜16r/dlを例して考えてみると、
10単位=150〜160r/dl下がるということが予測されます。

 

健康人の血糖値が70〜109r/dlと言うことを考えれば、
あっという間に低血糖に陥ってしまうことがよく分かると思います。

 

ということから、カリウム値を下げたい!と思った時には,
『グルコース(ブドウ糖)を補いながら、血糖値を保ち、
カリウム値を下げる』ということで・・・・

 

高濃度ブドウ糖液+インシュリン
ということになっているんですね!

 

簡潔にまとめると・・・

 

インシュリンと一緒に高濃度のブドウ糖も投与して、
低血糖を引き起こさないように注意しながら、
カリウムの値を下げよう!

というのが、GI療法と呼ばれるものになります。
※始めから簡潔な説明をしてくださいというような声が聞こえてきそうですね(笑)

 

説明が長くなってしまいましたが・・・・

 

急患できたこの高カリウム血症の患者さんの時のDrの指示は…
【50%ブドウ糖液2A+ノボリンR10単位】を静注!というものでした。

 

一般的?には、血糖値300未満であれば…

50%ブドウ糖50mL+レギュラーインスリン10単位混注して静注
低血糖予防に10%ブドウ糖50mL 1時間で投与
血糖値を1時間ごとに測定、6時間までフォロー

こんな感じで指示が出るようですね。

 

そして、GI療法を行う患者さんで忘れてはいけないのが腎機能

 

腎機能が低下しているとインシュリンの分解が遅くなってしまうので、
この治療を行う時は更に更に低血糖に注意しなくてはいけません。

 

幸いにしてこの患者さんは低血糖になることなく、
無事に朝を迎えることが出来ました。

 

そうそう、TPMですが…始めはオールペーシングだった波形も
入院後数時間で自脈に戻り、あの調子だと数日で必要なくなりそうです。

 

慌ただしく入ってきた入院でしたが、すぐに落ち着いてホッとしました。

 

ただ、ひとつ気になったことが…

 

他のスタッフで「インシュリンとかなんで使ったんだろうね?」って
セリフをはいていた人がいました( ゚Д゚)!!!

 

GI療法って、その場面に出くわしたことがあるならわかりますが、
初めてだとそんなセリフも出てくるのも仕方がない事だと思います。

 

ここで、そのスタッフが自分で調べてくれるといいのですが…
 
分からないことが出てきたらすぐに調べる!

 

これってとても大事なことですよね♪

 

⇒新人のうちにキツクてもしっかり学べる環境に身を置くべきだと思います。

 

 

 

【注目の看護師転職サイト】

 

 

⇒体験談はこちら 

⇒公式ページはこちら

 

 

 

 

GI療法は久しぶり。K値が8.4!!心臓はゆっくり止まる方向に!?関連ページ

託児所完備の病院と看護師
家族を在宅で、と考えない人たち
AEDについて思うこと
ひどい医者シリーズ@
ステルベン・・・今年の私はツイている?
看護師仲間の結婚ラッシュ!?
看護師の前に人間ですから…
看護師とタバコについて
【救急看護について】急変時の対応
【看護師転職時期】ボーナスが鍵
看護業務以外は避けて通りたい
看護師人生で最悪なボーナス2回目
看護師不足が自分の身に・・・
職場のコスト管理って?
献血で新人看護師時の初心に!?
看護師の上を行く!?医者たち
看護師が余る時代ってくる?こない?
看護師がステルベンで思うこと
看護業務以外の業務が嫌です・・
24時間テレビで思い出しました。
残業が少ない看護師って?
インフォームドコンセントって・・・
患者さんとタバコと看護師と。
看護師の転職について考えてみた
看護師といえば怖い話!?
看護師間の申し送りって・・
「慣れ」って怖いと思う出来事
看護業務以外の業務って・・
同じ所で働いていると・・・
看護師と参考書のお話。
今年もボーナスがまさかの!?
有給休暇はとれていますか?
片付け出来ない看護師がいる!?
こんな医者が大嫌いです。
看護師としてのモチベーション低下中・・
「ナースのお仕事」を観ました♪
ボーナス激減で転職意欲が高まる。
転職中のぼやき
GI療法は高血糖の治療!?
あの医者の患者さんが・・・
看護師の転職理由は環境が・・
看護師不足で転職意識が高まる
新人看護師の初めての職場は・・
看護師転職は悪じゃない
「辞めたい!」は「辞めない!?」
看護師が辞める時期は・・・
ボーナス後退職!出る?ボーナス・・
転職の度に言われるセリフ
看護師2年目の子に・・・。
旦那の転勤って退職に好都合!
こんな看護師長をどう思う?
40代施設勤務看護師のボーナス
看護師の人間関係って。
看護師新人は出来ない?それは・・
夜勤生活を振り返ってみました。