夜勤3交代制で実際の経験からメリットとデメリットをまとめました。

MENU

3交代制についてと、メリットについて考えてみました。

 

現在私が勤務している病院は3交代制になっています。

 

3交代制は 「日勤」「準夜勤」「深夜勤」に分かれています。
私の病院は、以下の様に時間配分がされています。

 

*日勤 ・・・8:30 〜 16:50

 

*準夜勤・・・16:30 〜 00:50

 

*深夜勤・・・00:30 〜 8:50

 

各病院によって時間帯は多少異なるのだと思いますが、
それほど大きな違いはないと思います。

 

私の病院は申し送り(引継ぎ)が未だに存在しているので、
就業時間の始まりと終わりが30分程、重なっています。

 

夜勤明けに続けて日勤と言うことはありませんが、
深夜明けの次の日が日勤、というちょっと意地悪な勤務もありますね。
(看護師長の勤務表の組み方によって違ってきます。)

 

大体は、深夜・深夜・準夜勤・準夜勤という感じを「ワンクール」
といって、そんなシフトが月に2〜4回つけられています。

 

病棟が落ち着いていれば「ワンクール」は全然キツクないのですが、
重患が3人いたり、救急当番病院になってしまっていると、

 

過酷な夜勤になってしまうこともたまにあります。
(私のいる職場は本当にたまに…ですね)

 

ここで3交代制のメリットを挙げてみたいと思います。

 

【私が思う3交代制のメリット】

 

 

1.時間が短い

 

以前に2交代制の病院で勤務していたので、
3交代制は本当に時間が短いなと感じます。

 

多少仕事がハードでも「あと少しだ」と頑張れちゃいますね。

 

 

 

2.残業時間がないor少ない

 

3交代制だと業務の内容も全体的に軽めで
時間内に仕事を終えることができます。

 

2交代制の時は忙しい時だと就業時間を過ぎても
3〜4時間残って記録をしていましたが、
3交代制になってからは残業がまずありませんね。

 

 

 

3.精神的にも肉体的にも楽

 

時間が短いのと業務内容が軽めなので、
気持ちに余裕がありますし、肉体的にも
「疲れた〜」ということがほとんどありませんね。

 

 

 

夜勤の3交代制でデメリットは「休みが少ない気がすること」?

 

では、逆にデメリットを挙げてみたいと思います。

【私が思う3交代制のデメリット】

 

 

1.入りの前に仮眠できないと眠い

 

現在の病院では、半日勤務のあとに深夜入りという感じですが、
私は子供がいるので入りの前に仮眠できないことが多々あります。

 

そうなると、深夜3〜4時あたりで異常な眠気に襲われています。

 

小さな子供がいるとちょっときついかもしれませんね。

 

 

 

2.休みが少ない気がする

 

準夜勤のあとは休みになりますが、
準夜勤が深夜1時に終わるので、次の日が休みと言っても
すぐに日勤がやってくるので、休んだ気がしません

 

連休もとりづらい気がします。

 

 

 

こんな感じでメリットとデメリットを挙げてみましたが、
私個人としては2交代よりも3交代のほうが好きですね。

 

若い頃に勤務していた国家公務員になれる病院は
日勤・深夜入りだったのでかなりハードできつかったのですが、

 

現在の病院は半日・深夜入りなので、身体も楽ですし、
自分には合っていると思います。

 

 

⇒2交代制のメリットとデメリットはこちら。

夜勤3交代制で実際の経験からメリットとデメリットをまとめました。記事一覧

 

現在私は3交代制の病院に勤務しています。周りのスタッフは3交代しか経験がない為か「3交代ってきついよね」なんて話していますが…業務がハードで2交代制だった病院を知っている私個人の意見としましては…『3交代って何て楽なのかしら♪』って感じています。2交代制に比べて時間が短いですし、業務内容も濃くないので、精神的にも肉体的にも『転職して良かったな』という思いで日々過ごしています。そんな3交代制ですが、...